多摩市が独自のPCR検査センターを5/14(木)に設置。ドライブスルー方式で1日6人を検査

多摩市PCR検査センターの検査の様子(デモ)

検査の様子(デモ)

東京都多摩市は2020年5月14日(木)〜6月30日(火)(予定)まで、多摩市独自のPCR検査センターを市内に設置。前日となる5月13日にデモンストレーションが報道陣に公開されました。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

多摩市の病院・診療所のかかりつけ医によるPCR検査が必要と判断された多摩市民が対象

多摩市PCR検査センターの流れ

多摩市PCR検査センターの流れ

これは新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、今後さらなる感染者の増加を視野に入れた対応。多摩26市で保健所を所管せず、市民病院を持たない自治体としては初の設置となるそうです。

多摩市内に設置されたPCR検査センター(※当面の間、場所は非公開)は、多摩市立子ども準夜診療所の巡回相談(サテライト)として、多摩市医師会長が運営。

検査は、多摩市内にある多摩市医師会会員の病院・診療所の医師(かかりつけ医)に電話し、対面診療の後、PCR検査が必要と判断された患者(原則として多摩市民)が対象になります。

そのかかりつけ医から紹介と予約が行われ、受検者はPCR検査センターにて、車に乗ったままのドライブスルー方式で現場の医師が検体を採取。検査結果は1日〜2日後に、かかりつけ医から受検者に連絡されます。(多摩市PCR検査センターの流れを参照)

検査日時は火曜、木曜、土曜日の週3回で、時間は14時〜16時まで。診療時間は1人おおむね20分程度で、1日6人の検査を予定しています。

多摩市は「かかりつけ医がいない方は、新型コロナ受診相談窓口(東京都南多摩保健所:042-371-7661)に連絡ください」としています。

多摩市医師会会員の病院・診療所は、多摩市医師会の公式ホームページから確認できます。

多摩市PCR検査センター

設置期間:2020年5月14日(木)〜6月30日(火)(状況に応じて期間の延長、短縮を検討)
※予約開始は5月12日から
設置場所:非公開

あわせて読みたい

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください