高尾山口駅前「タカオネ」カフェ&ダイニングを公開。テレワークプランも

京王線「高尾山口駅」前に2021年7月17日(土)に開業する体験型ホテル「タカオネ」。

オープンを前に、カフェ&ダイニングやストアなど、新たに決定した館内施設と提供サービスが発表されました。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

1階 カフェ&ダイニング「KITCHEN」

1階のカフェ&ダイニング「KITCHEN」では、八王子産の地元食材を使った料理や、スモアセットなど、中庭で焚き火を使って調理するメニューを用意。高尾ビール株式会社と共に制作したタカオネオリジナルビールなど、地元の方々と連携したメニューやテイクアウトメニューの提供を予定しているそうです。

なお、宿泊者限定で朝食のサンドイッチとドリンクをバスケットに入れてセットで提供。「KITCHEN」はもちろん、客室や屋上(ROOF TOP)等、好きな場所で食べることができます。無料でザックの貸し出しも行っているため、高尾山や川など、タカオネの外でも朝食を楽しめるそうです。

1階「STORE」

1階の「STORE」では、TAKAOSANロゴのオリジナルグッズ販売ほか、中古アウトドアギアのリユース販売や、スイス発ブランド「on」のシューズ無料レンタルなど「高尾活動」がさらに楽しくなるアウトドアアイテムや、お土産にぴったりなオリジナルグッズを多数取り揃えます。

今回、新たに「TAKAOSANロゴ」を制作して、販売するグッズに取り入れて「都市のすぐそばにある自然」という高尾山独自の価値を表現するなど、将来的には地域全体で活用してもらうことで、一体感の醸成を目指すそうです。

テレワークプランも

さらに高尾の新しい過ごし方として「働く場」としても活用できるように、1日1,500円で利用できる「テレワークプラン」(7:00〜18:00の最大10時間利用可能)も提供。

館内の共用部他、屋上や中庭など開放的な空間でのお仕事が可能で、無料WiFi・電源完備、ドリンク飲み放題、荷物預かり・シャワー利用・シューズレンタル無料などの各種サービスも利用可能。

共用部や高尾山を使ったチームワーク向上のためのアクティビティを行うこともできることから、個人のテレワークはもちろん、企業研修等にも活用できるそうです。

「タカオネ」の客室数は28室。料金は、スタンダードルーム(14室)は7,000円税込から、スーペリアホテル(11室)は8,000円税込から、テラスルーム(2室)とルーフトップバスルーム(1室)はそれぞれ9,000円税込から。

タカオネ

所在地:東京都八王子市高尾町2264
アクセス:京王線「高尾山口駅」から徒歩1分
鉄筋コンクリート造 地上5階
公式サイト:https://takaone.jp/hotel/

あわせて読みたい

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

\ この情報をシェアしよう! /