第31回映画祭TAMA CINEMA FORUMがまもなく開催!おすすめプログラムをチェック

最優秀作品賞 『ドライブ・マイ・カー』
(C)2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

2021年11月13日(土)~11月20日(土)まで開催される「第31回映画祭TAMA CINEMA FORUM」。今回はまもなく開催される映画祭のおすすめプログラムをお知らせします。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

TAMA NEW WAVE(11/13(土)ヴィータホール)

『ミューズは溺れない』

まずは2000年よりスタートした”日本映画界に新風を送り込む新しい才能の発見”を目的とする中・長編コンペティション「TAMA NEW WAVE」。

本年度は応募作品175作品から選ばれた5作品を上映され、一般審査員の方と、実行委員の審査をあわせたグランプリが決定。また15日(月)・16日(火)・17日(水)・19日(金)は、実行委員から強い推薦のあった作品「ある視点部門」も一挙上映されます。

第22回TAMA NEW WAVE コンペティションノミネート作品(50音順)

  • 『とら男』 [97分/監督:村山和也]
  • 『Funny』 [32分/監督:佐久間啓輔]
  • 『距ててて』 [78分/監督:加藤紗希]
  • 『ミューズは溺れない』 [82分/監督:淺雄望]
  • 『優しさのすべて』 [51分/監督:安達勇貴]

第22回TAMA NEW WAVEの詳細

第31回映画祭 TAMA CINEMA FORUM プログラム

第31回映画祭TAMA CINEMA FORUMのプログラムとしては「映画賞関連プログラム」「多摩市市制施行50周年連携プログラム」「劇場未公開のプログラム」「その他ゲスト付きプログラム」が開催。トークイベントあり、ライブあり、オンラインイベントありと充実の企画ばかりです。

映画賞関連プログラム

『花束みたいな恋をした』 © 2021『花束みたいな恋をした』製作委員会
©2021『花束みたいな恋をした』製作委員会
  • 『花束みたいな恋をした』~スクリーンを超越する恋愛と生活の輝き~(本年度TAMA 映画賞特別賞受賞作品『花束みたいな恋をした』の上映と土井裕泰監督のトーク)11/14(日)ヴィータホール
  • 『サマーフィルムにのって』映画×青春×○○(本年度TAMA 映画賞最優秀新進監督賞受賞作品『サマーフィルムにのって』の上映と松本壮史監督、祷キララ氏によるトーク)11/14(日)ヴィータホール
  • 『あのこは貴族』の世界を読み解く(本年度TAMA映画賞最優秀作品賞受賞作品『あのこは貴族』の上映。岨手由貴子監督、原作者の山内マリコ氏によるトーク)11/20(土)ベルブホール
SPONSORED LINK

多摩市市制施行50周年連携プログラム

© 妹尾朝子(うめ)
©妹尾朝子(うめ)
  • 怪獣とヒーローと多摩の50年(「ウルトラQ『カネゴンの繭』」「仮面ライダー対ショッカー」「ウルトラマン80『まぼろしの街』」「ウルトラファイト傑作選」の上映。そして、切通理作氏(文筆家)、橋場万里子氏(多摩市文化振興財団学芸員)、鳥居俊平太氏(たまローケーションサービス副代表)によるトーク)11/13(土)ヴィータホール
  • TAMAのブックセラーズ(『ブックセラーズ』の上映と小林えみ氏(マルジナリア書店、よはく舎代表)、落合加依子氏(小鳥書房 店主/代表)によるトーク)11/14(日)ヴィータホール
  • 団地団、オンラインで再び参上!『あのこは貴族』TAMA 映画賞受賞祝いと至高の団地アニメ『耳をすませば』を語る!―『耳をすませば論』話したいことができましたー(団地好きユニット「団地団」(大山顕氏、佐藤大氏、稲田豊史氏、速水健朗氏、妹尾朝子氏、山内マリコ氏)がオンラインでトーク(※『あのこは貴族』と『耳をすませば』の上映はありません)11/19(金)オリジナルオンライン配信企画

劇場未公開のプログラム

©2021『愛なのに』フィルムパートナーズ
©2021『愛なのに』フィルムパートナーズ
  • “L/R15” 城定秀夫×今泉力哉『愛なのに』」初プレビュー(『愛なのに』の初プレビュー上映。そして、城定秀夫監督、今泉力哉氏(脚本)、森直人氏(映画評論家)によるトークとみらん氏(ミュージシャン)によるミニライブ※15歳未満の方は鑑賞できません)11/14(日)ヴィータホール
  • “L/R15” 今泉力哉×城定秀夫『猫は逃げた』」初プレビュー(『猫は逃げた』の初プレビュー上映。そして、今泉力哉監督、城定秀夫氏(脚本)、森直人氏(映画評論家)によるトークとLIGHTERS(ミュージシャン)によるミニライブ※15歳未満の方は鑑賞できません)11/14(日)ヴィータホール
  • 「大野大輔監督『辻占恋慕』」プレビュー(2022年公開予定の『辻占恋慕』のプレビュー上映。大野大輔監督、早織氏、川上なな実氏によるトーク)11/19(金)ベルブホール

その他ゲスト付きプログラム

『東京クルド』© 2021 DOCUMENTARY JAPAN INC
『東京クルド』©2021 DOCUMENTARY JAPAN INC
  • 知ってほしい!日本に暮らす“難民”の現実を(『東京クルド』の上映と日向史有監督のトーク)11/17(水)ベルブホール

TAMA爆音映画祭・11/13(土)ヴィータホール

  • 『アメリカン・ユートピア』
  • 『ストップ・メイキング・センス』

前売チケットはPassMarket(パスマーケット)で販売中

2021年11月21日(日)には、府中市の「どりーむホール(府中の森芸術劇場)」にて「第13回TAMA映画賞」授賞式が開催される「第31回映画祭TAMA CINEMA FORUM」。

前売チケットはYahoo!JAPANのデジタルチケット、PassMarket(パスマーケット)で10月31日(日)から販売中です!

  • 入場料金:(いずれも1プログラム通し券)一般 前売1,200 円(但し、次のチケットは以下のようになります。)
  • 11月21日「第13回TAMA映画賞授賞式」(府中の森芸術劇場どりーむホール)大人(中学生以上) 前売のみ 2,800 円、子ども(4歳~小学生) 前売のみ 1,400円
  • 11月14日「“L/R15”城定秀夫×今泉力哉 プレビュー」(ヴィータホール)、19日「『辻占恋慕』プレビュー」(ベルブホール) 前売のみ 1,800円
  • 11月13日「TAMA 爆音映画祭」(ベルブホール)、14日「サマーフィルムにのって」(ベルブホール)、「花束みたいな恋をした」(ヴィータホール)前売のみ 1,500円
  • 11月15日、16 日、17日、19日「TAMA NEW WAVE ある視点」(ベルブホール) 前売のみ 1,000円
  • 11月15日、16日「90 年代以降の新潮流」(べルブホール) 当日のみ 800円

上映作品・プログラム詳細 | 第31回映画祭TAMA CINEMA FORUM

あわせて読みたい

スポンサードリンク

ココリア多摩センター

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

\ この情報をシェアしよう! /