東電管内で電力需要がひっ迫のため節電呼びかけ。暖房設定は20℃に


東京電力パワーグリッド公式サイトより
東京電力パワーグリッド公式サイトより

政府は2022年3月16日に発生した地震による発電所の停止や、低い気温による電力需要の増加が予想される中、東京電力管内(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県(富士川以東))で、3月22日の電力が不足する恐れから「電力ひっ迫警報」が発令。節電が呼びかけられています。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

不要な照明は消して、暖房設定は20℃に

東京電力パワーグリッドの公式サイト「でんき予報」を見ると、3月22日の電力見通しは予想最大電力と供給力が同じ4,840万kWで100%と非常にひっ迫がした予想が出ていました(3/21 23:50の想定)。

3月22日は東京でも雪が降る予報が出ていて、最高気温も低いことから朝の時間帯(6時〜7時)と夕方の時間帯(16時〜17時)に電力の大幅な需要が見込まれています。

東京電力では、不要な照明は消して、暖房は20℃に設定するなど、できる限りの節電が呼びかけられています。

あわせて読みたい

地球の歩き方「東京 多摩地域」
<完成イメージ>CGパース提供:大成建設株式会社一級建築士事務所
SPONSORED LINK
ココリア多摩センター

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら
\ この情報をシェアしよう! /