多摩モノレール「夜景列車」が12/9(土)開催!日本夜景遺産を眺めながら多摩地域のクラフトビールやお酒



公式サイトより
公式サイトより

多摩都市モノレール株式会社は、開業25周年記念企画として「夜景列車」を2023年12月9日(土)に運行します。

SPONSORED LINK

日本夜景遺産を眺めながら、多摩地域のクラフトビールと日本酒を嗜む

多摩モノレールは今年8月に(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー内の「日本夜景遺産」にて「施設型夜景遺産」の部門で多摩地域で唯一の日本夜景遺産地に認定されたばかり。

イベント当日は上北台駅から発車して、日本夜景遺産に認定された多摩モノレールからの美しい夜景を眺めながら、多摩地域で作られたクラフトビールと日本酒、軽食が楽しめるそうです。

  • 立飛ピルスナー 330ml(立飛麦酒醸造所)
  • 立飛ゴールデンエール 330ml(立飛麦酒醸造所)
  • 多満自慢 純米大吟醸「東京酒造」 300ml(石川酒造株式会社)
  • 澤乃井 本醸造大辛口 300ml(小澤酒造株式会社)
  • ミネラルウォーター
  • 軽食

料金は1人7,000円税込。参加応募は「多摩モノレール」公式サイト内のフォームから11月26日(日)まで募集中。応募者多数の場合は抽選となるそうです。

夜景列車

運行日時:2023年12月9日(土)16時58分~18時55分
集合場所・受付時間:多摩モノレール「上北台駅」改札外 16時20分~16時40分
運行経路:上北台駅 ⇒ 多摩センター駅(約50分間停車・折り返し)⇒ 立川北駅 ※多摩センター駅では多摩地域の特産品を販売。
料金:お一人様7,000円(税込) ※受付時に現金で支払い。
募集定員:132名(1グループ2名様または4名様)
※20歳未満の方(乳児・幼児含む)は参加できません。

あわせて読みたい

旧 京王プラザホテル多摩
\ この情報をシェアしよう! /
ABOUT US
多摩ポン編集部
東京・多摩エリアの開店・閉店情報、イベント情報、グルメ情報、地元ニュース、気になる生活情報をお伝えします!東京都多摩市エリア在住15年以上。