【8/6〜7】声優体験もできる「ラスカル子ども映画祭」が聖蹟桜ヶ丘駅周辺で開催

SPONSORED LINK
ラスカル子ども映画祭

多摩市にあるアニメ制作会社日本アニメーションはお子様のためのアニメーション映画祭「せいせき桜ヶ丘ラスカル子ども映画祭withキネコ国際映画祭」を多摩市聖蹟桜ヶ丘駅周辺にて2016年8月6日(土)と7日(日)の2日間開催します。

「ラスカル子ども映画祭」は『あらいぐまラスカル』や『ちびまる子ちゃん』など全15作品のアニメーション映画が上映され、一部作品では舞台の袖でプロの声優がアテレコをする「ライブシネマ」形式で上映されます。

SPONSORED LINK
ネコサポ

上映作品一覧(定員230席×8公演)

■8月6日(土)
10:00の回(推奨年齢:5歳以上)
「あらいぐまラスカル・完結版」
12:30の回(推奨年齢:1歳以上)
「うっかりペネロペ」※キッズライブ
「きかんしゃトーマス」※ライブシネマ
「しまじろうのわお!-いただきますのこころ-」
「テディとアニー」※ライブシネマ
「リタとナントカ」
14:30の回(推奨年齢:3歳以上)
「うっかりペネロペ」※キッズライブ
「こまねこ」
「ショーンの冒険」※ライブシネマ
「ちびまる子ちゃん」
「ひつじのショーン」
16:15の回(推奨年齢:5歳以上)
「映画ちびまる子ちゃんイタリアから来た少年」

■8月7日(日)
10:00の回(推奨年齢:5歳以上)
「シンドバッド」
12:30の回(推奨年齢:1歳以上)
「うっかりペネロペ」※キッズライブ
「きかんしゃトーマス」※ライブシネマ
「しまじろうのわお!-いただきますのこころ-」
「テディとアニー」※ライブシネマ
「リタとナントカ」
14:30の回(推奨年齢:3歳以上)
「うっかりペネロペ」※キッズライブ
「こまねこ」
「パンダコパンダ」
「わすれられないおくりもの」※ライブシネマ
16:15の回(推奨年齢:5歳以上)
「映画ちびまる子ちゃんイタリアから来た少年」
※各回上映30分前より先着入場
※「キッズライブ」・・・アニメ制作体験ワークショップで声優体験をしたお子様がアテレコに挑戦します
※「ライブシネマ」・・・プロの声優が生アテレコを行います

声優体験や作画体験も

プロの声優の指導を受けながら、アニメ『うっかりペネロペ』の吹き替えに挑戦できたりプロのアニメーターが使用する機材「トレース台」を使用して『あらいぐまラスカル』の作画を体験することができます。

また駅前のショッピングセンター「オーパ」1階入り口さくら広場特設テントではラスカルのグリーティングやフェイスペイント、カキ氷屋さんなどの出店もあるそうですよ!(グリーティングは8/7(日)のみ実施)

聖蹟桜ヶ丘駅周辺では7月7日から8月7日まで「ラスカルメニュー」が食べられるイベントも開催中です。この夏は聖蹟桜ヶ丘がかわいいラスカルにジャックされそうですね!

「せいせき桜ヶ丘 ラスカル子ども映画祭 with キネコ映画祭」開催概要

【会 期】2016年8月6日(土)・7日(日)
【料 金】上映会、アニメ制作体験ワークショップともに無料(※かき氷販売など一部は有料)
【会 場】関戸公民館ヴィータホール(東京都多摩市関戸4-72ヴィータ・コミューネ8F)
【共 催】多摩市、日本アニメーション株式会社、一般社団法人キンダー・フィルム
【アクセス】京王線 聖蹟桜ヶ丘 西口徒歩1分

おすすめの関連記事

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow us in feedly→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

ラスカル子ども映画祭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です