高速路線バス「多摩河口湖線」が2017年10月9日(月祝)をもって運行終了

SPONSORED LINK

南大沢駅・京王多摩センター駅・聖蹟桜ヶ丘駅から富士急ハイランド・富士山駅・河口湖駅を結ぶ高速路線バス「多摩河口線」が2017年10月9日(月・祝)をもって運行を終了します。

京王多摩センター駅からの乗り場は羽田空港・成田空港行きの高速バスが発車する16番のバス停です。

SPONSORED LINK
ネコサポ

富士急ハイランド・富士山駅・河口湖に停車

バス停には多摩河口湖線運行終了のお知らせが貼ってありました。

南大沢駅・京王多摩センター駅・聖蹟桜ヶ丘駅〜富士急ハイランド・富士山駅・河口湖駅を約2時間で結ぶ高速路線バス「多摩河口線」は土日祝日(9月25日までは毎日)を中心に往復4本発車していました。(京王多摩センター駅から河口湖駅までの運賃はおとな1,750円(小人半額))

今後、河口湖方面へは、中央道府中・日野・八王子バス停より高速バス新宿〜富士五湖線が利用できるということです。

チケットはハイウェイバスドットコムまたはコンビニで予約乗車券が購入できるので、運行終了前の観光にいかがでしょう!

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow us in feedly→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です