土屋太鳳「作品を通して出会ったすべての人とすべての時間に感謝を」と涙も…【第9回TAMA映画賞授賞式①】

SPONSORED LINK
第9回TAMA映画賞

2017年11月18日から11月26日まで東京都多摩市内の3会場4スクリーンで開催されている「第27回映画祭TAMA CINEMA FORUM」。初日の18日、パルテノン多摩にて「第9回TAMA映画賞」の授賞式が行われました。

前年の10月から当年9月に一般劇場で公開された作品及び監督・キャスト・スタッフを対象に、TAMA映画フォーラム実行委員(市民ボランティア)の合議により選考により、各賞が決定する「TAMA映画賞」。

この日は、作品賞を受賞した『散歩する侵略者』『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』をはじめとする各賞を受賞した作品の監督、出演者たちが登壇し、舞台に華を添えました。

SPONSORED LINK
ネコサポ

最優秀新進女優賞 土屋太鳳 石橋静河

最優秀新進女優賞 土屋太鳳

『金メダル男』『PとJK』『兄に愛されすぎて困ってます』『トリガール!』などに出演した土屋太鳳さんは新進女優賞を受賞。受賞理由は「どの役にもひたむきに向かい合い、あふれる笑顔と抜群の運動神経で演じる姿は観客の心をわしづかみにした」と聞き、受賞スピーチでは、「映画の扉を叩いてから12年。少しずつ必死にこじあけた中で、たくさんの言葉に出会いました。温かい涙が心からあふれる言葉もあれば、冷たい涙が心をえぐる言葉もあり、いつの間にかデコボコな…」と話しながら、涙で言葉を詰まらせる場面も。

最優秀新進女優賞 土屋太鳳

客席から「がんばれ!」の励ましと拍手を受け「いつの間にかデコボコな心になっていましたけれど、今回の受賞理由の言葉は『それでいいんだよ』と包み込んでくださる、これからの自分の背中を押してくださるような言葉でした。この言葉を胸に女優として歩いていきます」と続けた土屋さん。

「愛してやまない作品たちの名前と一緒にここに立てていることが本当にうれしい。作品を通して出会ったすべての人、すべての時間に心から感謝を伝えたい」と締めくくると、割れんばかりの拍手が起こりました。

最優秀新進女優賞 石橋静河

同じく最優秀新進女優賞に輝いた石橋静河さん。「心の揺らぎを繊細に表現し、内面から輝きを放ち、息の長い女優となっていくことを観客に確信させた」と、『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』での演技が高く評価されての受賞で「映画の世界に入って間もないんですけれど、人との出会い、作品の出会いに本当に恵まれているなと感じます」と感謝。

作品の撮影を「すべてが自分にとって初めての経験で戸惑うことばかりだったけれど、監督や池松壮亮さんをはじめとするキャストやスタッフの方々全員が100%自分の力を出している現場で、自分は何ができるんだろうと考えて、刺激を受けながら必死で突っ走りました」と振り返り、「本当に映画の現場が好きです。自分の中に隠れている弱さや強さを全部さらけ出せる女優になっていきたい」と抱負を語りました。

最優秀新進男優賞 高杉真宙 間宮祥太朗

最優秀新進男優賞 高杉真宙

新進男優賞に輝いた高杉真宙さんは『逆光の頃』『散歩する侵略者』『トリガール!』などに出演。受賞理由は過去の自分から脱皮して大人へと一歩踏み出していく確かな成長を体現し、力強いまなざしや気概によって発せられるたくましさに心を奪われた」。

出演作が6本公開された今年を「たくさんの映画に出させていただいていろいろな役をやらせていただき、目まぐるしく充実して楽しい日々でした」と振り返り、「もっとどん欲に成長していきたい」と意欲を見せるコメントも。

最優秀新進男優賞 間宮祥太朗

『トリガール!』『帝一の國』などに出演、「まっすぐでアグレッシブな役柄をエネルギッシュかつ繊細に演じて、観客をスクリーンに釘付けにした」活躍が評価された間宮祥太朗さんは「ずっと映画少年で映画にいろいろなことを教えられた。15歳で仕事を始めて、初めて賞をいただいて本当に幸せです」と喜びのコメント。

また、出演作『トリガール!』で演じた坂場大志さんについて「本当にやっていて楽しかった。ゆきな(土屋太鳳)との掛け合いがすごく生き生きとしていて、僕はあまり10代のときの青春の思い出がないんですけれど、青春を追体験したようなすごく熱い夏になりました」と振り返りました。

『トリガール!』で共演した土屋さんと高杉さん

間宮さんの受賞に際し、『トリガール!』で共演した土屋さんと高杉さんも舞台へ。

『トリガール!』で共演した土屋さんと高杉さん

『トリガール!』の現場では下の名前で呼び合っていたという面々。間宮さんが「現場での坂場とゆきなの関係性もあるので、『下の名前で呼んでくれ』『敬語をやめよう』と自分が言わせていただいて、祥太朗と呼んでもらったんですが、公開されてそのエピソードを話しているうちにいろいろとニュースになって、土屋太鳳さんに下の名前で呼ばせることがこんなに問題になるとは思いませんでした」と話し、会場の笑いを誘います。

また、アドリブが多い現場で、高杉さんも「見ていて素で笑っちゃうところもあるくらい」連発していた土屋さんと間宮さん。役柄の関係性を築いていくため監督から思いついたことはどんどんやって土屋さんを困らせるようにといわれていたという間宮さんは、現場で実際「思いついたことはどんどん相談せずにやらせていただいた」のだそう。

これに土屋さんは「掛け合いが早いので、本読みしてってとお願いするとしてくれるんですけれど、本番は全然違うことばっかりいうので、でもそれがすごく見どころになっているので、見ていただけたら嬉しい」とアピールしました。

第27回TAMA CINEMA FORUMは2016年11月18日(土)から26日(日)まで東京都多摩市の3会場4スクリーンで開催中です。

第9回TAMA映画賞受賞作品・受賞者はこちら!

最優秀作品賞
『散歩する侵略者
黒沢清監督、及びスタッフ・キャスト一同

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』
石井裕也監督、及びスタッフ・キャスト一同

特別賞
湯浅政明監督、及びスタッフ・キャスト一同
『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』
富田克也監督、及びスタッフ・キャスト一同
『バンコク・ナイツ』

優秀男優賞
浅野忠信
『幼な子われらに生まれ』『沈黙 -サイレンス-』『淵に立つ』『新宿スワンⅡ』
池松壮亮『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『続・深夜食堂』『デスノート Light up the NEW world』『永い言い訳』

最優秀女優賞
満島ひかり
『海辺の生と死』『愚行録』
長澤まさみ
『散歩する侵略者』『銀魂』『追憶』『金メダル男』

最優秀新進監督
菊地健雄『ハローグッバイ』『望郷』
瀬田なつき
『PARKS パークス』

最優秀新進男優賞
間宮祥太朗『トリガール!』『帝一の國』『劇場版 お前はまだグンマを知らない』『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』
高杉真宙
『逆光の頃』『散歩する侵略者』『トリガール!』『想影(おもかげ)』『ReLIFE リライフ』『PとJK』

最優秀新進女優賞
石橋静河 『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『PARKS パークス』『密使と番人』
土屋太鳳『トリガール!』『PとJK』『兄に愛されすぎて困ってます』『金メダル男』

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow us in feedly→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ai

フリーランス・ライター。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」「ウレぴあ総研」などで執筆しています。趣味はオーケストラでヴァイオリンを弾くこと。稲城市のオーケストラ「稲城フィルハーモニー管弦楽団」に所属し、毎年、多摩近辺で演奏会を行っています。