多摩モノレール多摩センター駅前のデッキ通路が12/18から通行止めになります

SPONSORED LINK

先日お伝えした多摩都市モノレール「多摩センター」駅前の「(仮称)多摩センターモノレール駅前 PROJECT」の工事に伴い、駅前のデッキ通路が2017年12月18日(月)から2018年6月末(予定)まで通行止めになります。

SPONSORED LINK
ネコサポ

多摩センター駅前には数カ所に通行止めを告知する看板が立ってました。それによると多摩モノレール、多摩センター駅と小田急・京王多摩センターを繋ぐ連絡通路デッキが1ヶ所が通行止めになります。

看板の拡大写真がこちら。このデッキは乗り換え時に多くの方が利用するメインの通路デッキなので、通行止め期間中は注意が必要です。

通行止め期間中、多くの方が通るであろうもう一つの連絡デッキがこちら。まっすぐ行くと、小田急線と京王線のコンコースのちょうど中間点に出ます。道幅も少し狭いので通勤ラッシュ時は人通りが多くなりそうですね。

ちなみにGoogleマップで距離を計測してみたところ、どちらのルートも徒歩4分で距離は10mほどしか変わらないんですね。京王線乗り換えの方はこれまでとほぼ変わらない乗り換え時間となりそうです。

通行止め予定期間

2017年12月18日(月)から2018年6月末(予定)まで通行止め

あわせて読みたい

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow us in feedly→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です