歌舞伎とのコラボ!「KAWAII KABUKI 〜ハローキティ一座の桃太郎〜」が3月10日(土)からスタート

サンリオピューロランドの新作ミュージカル「KAWAII KABUKI 〜ハローキティ一座の桃太郎〜」が2018年3月10日(土)から始まります。今回は公開ゲネプロ・記者発表会を取材してきましたのでその模様をお伝えします。

SPONSORED LINK

KAWAII KABUKI 〜ハローキティ一座の桃太郎〜

サンリオピューロランド内のメルヘンシアターで観られる新作ミュージカルは歌舞伎!?

松竹とサンリオがタッグを組み挑むのは「KAWAII」と歌舞伎という日本の伝統の「和」が融合した参加型のエンターテイメントショーです。

まずは歌舞伎さながらの羽織袴姿で登場した「ハローキティ一座」の座頭ハローキティちゃんによる口上から舞台が始まります。

一座のこけら落とし公演は「桃太郎」からスタート。バッドばつ丸扮する鬼が暴れまわります。

 

そこに桃太郎のお供に扮したディアダニエル、ポムポムプリン、シナモロールが登場。

最後に桃から登場したのは桃太郎に扮したハローキティちゃん!

会場からは「キティ!」といった歌舞伎の掛け声(大向こう)がかけられました。

幕間には小道具係のシナモロールがバッドばつ丸に注意される場面ではシナモのあまりのかわいさに「かわいい!」と会場からも反応も(^^ )

袴姿のキティちゃんもかわいい!

こちらは「かぶきにゃんたろう」。二代目坂東巳之助さんと一緒に登場するシアター初登場のPRキャラクターです。

後半は二代目中村獅童さんが声を担当する鬼が登場。ハローキティ一座がパニックに陥ります。

どんなにひどい鬼でも手を差し伸べるキティちゃんたち。

次第に鬼の心にも変化が。

心がホッと温かくなり、思わず感動してしました。

ラストは華やかな歌舞伎衣装に身を包んで

隈取り姿で仁王立ちするダニエルくん。

プリン、ばつ丸、シナモも揃い踏み!

女形に扮したキティちゃんも!

ダンサーのみなさんの動きもさらに磨きがかかって40分間のショーはあっという間に幕を閉じました。

この日はサンリオキャラクターと共に脚本と演出を担当した横内謙介さん、歌舞伎演技指導を担当した市川笑三郎さんがゲストで登場。

市川笑三郎さんは「難しく考えずに思うがままに楽しんでいただいて、キティちゃんのかわいさを楽しんでいただければ」と新作ミュージカルの楽しみ方を伝えました。

声の出演を果たした二代目中村獅童さんは「歌舞伎役者としてサンリオキャラクターのみなさんとコラボできるのは歌舞伎役者として嬉しい」とビデオレターで喜びを伝えました。

サンリオピューロランドの新作ミュージカル「KAWAII KABUKI 〜ハローキティ一座の桃太郎〜」は2018年3月10日(土)からスタートです!

KAWAII KABUKI 〜ハローキティ一座の桃太郎〜

上演開始日:2018年3月10日(土)
公式サイト:https://www.puroland.jp/kawaiikabuki/
(C)2018 SANRIO CO.,LTD.

写真協力:motounagiya

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です