【ココリアフードマルシェ】「金山新吉」ココリア多摩センター店は普段使いのキッチン道具があるお店

多摩ポンのお店訪問シリーズ。

今回は「金山新吉」ココリア多摩センター店さんを取材してきました。こちらのお店は、先月リニューアルしたココリア多摩センターの地下フロア「ココリアフードマルシェ」内にオープンした、合羽橋の道具屋をイメージしたキッチン道具店です。

SPONSORED LINK

「金山新吉」ココリア多摩センター店

「金山新吉」さんは今年、創業85周年を迎える株式会社吉安さんが運営するキッチン道具店で、京王百貨店新宿店など全国6店舗あります。こちらのお店では1点ものや、日本のみならず世界から集められた珍しいキッチン道具など、およそ3,000点の品揃えがあります。

こちらのお店は、多摩センター三越時代にもあったお店なので、覚えている方も多いでしょう。リニューアル前と同じ位置にありますが、品揃えを入れ替え、棚の位置を低くするなど、商品が見やすくなっています。

今回は特におすすめのポイントお聴きました。

野田琺瑯のホーロー製品

こちらもコーナーでは日本の老舗ホーローメーカー「野田琺瑯」のホーロー製品があり、都内でも屈指の商品数を取り揃えています。

ドリップコーヒーなどを淹れるときに便利な「ポトル」はカラフルなラインナップ。

シンプルなデザインはファンが多く、最近ではSNS映えすると人気です。

ボールやバットだけでなく、ホーロー製のレンゲなども販売しています。

アニマル箸置き付きのかわいいおはし

こちらはパンダやシロクマなど、かわいい動物の箸置きがついた「アニマル箸置き Hasikko」。

動物のフォルムがかわいいですね!

「長谷園」の伊賀焼がずらり

こちらのコーナーでは、三重県にある創業天保3年(1832)の老舗、伊賀焼窯元「長谷園」さんの伊賀焼が数多く販売。

都内でも、ここまでの品揃えしているのはこちらのお店くらいなんだそうです。

吸水性、通気性があるビアマグの土ものでビールを飲んだら美味しそう!

長谷園のかまどさん

中でも人気の商品はこちらの土鍋はかまど焼きのようなご飯が炊ける「長谷園のかまどさん」。白米三合なら中強火で約13分、その後、蒸らし20分で美味しいご飯が炊けます。

職人さんがひとつづつ丁寧に焼いたこちらの土鍋は、とある家電批評の雑誌において、お米マイスターが選ぶ「炊飯器具の部」で、数ある炊飯家電を抑えて第1位を取ったということから、今でも2ヶ月以上待ちの大人気商品ですが、こちらのお店ではすぐに購入可能ですよ!

金山新吉のPB商品

こちらでは、鍋やフライパンなど「金山新吉」のPB(プライベートブランド)商品が販売しています。

品質はそのままに、通常の商品よりもお手頃価格なんだそうです。

こちらのザルは「16メッシュ」と言われ、茹でたそうめん(揖保の糸)をこちらのザルに取っても麺がはみ出ない「いいザル」の条件を満たしたザルなども販売してます。

普段使いのキッチン道具があるお店

リニューアルされた「金山新吉」 ココリア多摩センター店さんでは、日本伝統の鍋から、普段使いのキッチン道具が取り揃えてあるお店でした。

機能的にも耐久性もワンランク上の調理器具をお探しの方は行ってみてはいかがでしょう!

「金山新吉」ココリア多摩センター店

所在地 東京都多摩市落合1-46-1地下1階「ココリアフードマルシェ内」
営業時間 10時00分〜20時00分
公式サイト http://yosiyasu.co.jp/shop/

あわせて読みたい

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください