多摩市内181ヶ所の橋を撮ろう「たまのはしフォトコンテスト」が募集開始

たまのはしWEBサイト

たまのはしWEBサイト

多摩市と京王電鉄株式会社は多摩市内にある181ヶ所もの橋を、新たな観光資源として活用する「地域資源発掘型実証プログラム事業」の一環として、特設サイト「たまのはし」を開設

2018年4月13日(金)からは「たまのはしフォトコンテスト」の募集を開始しました。

SPONSORED LINK
ネコサポ

多摩市の歩道を繋ぐ181ヶ所の橋

一本杉橋

一本杉橋

多摩丘陵の自然と地形を活かし、計画的に歩車分離で開発された「多摩ニュータウン」地区を擁する東京都多摩市には市が管理している橋が181ヶ所もあります。

歩道と車道が分離している多摩市は横断歩道を渡ることなく、多摩市の端から端まで行くことができます。市内にはこのような歩行者専用のペデストリアンデッキが張り巡らされていて、その総距離は約41kmにもなるそうです。それを繋ぐのが181ヶ所の橋になるんですね。

特設サイト「たまのはし」では、181ヶ所の多摩市内の橋を検索でき、その橋を回遊できる5つのウオーキングコースが紹介されています。

2018年4月13日(金)~7月31日(火)からは、181の橋のある多摩市の魅力を広く伝えるため、多摩市の橋を含めた風景の写真を募集する「フォトコンテスト」の募集が始まりました。8月中旬に発表予定の入賞作品は京王線の車内広告や多摩市庁舎等で展示されます。

この他にも、市内の橋を巡るスタンプラリーなどが今後、開催を予定しているそうです。

たまのはしフォトコンテスト

テーマ:多摩の橋が描く様々な風景 ~「橋」の魅力にフォーカス~

募集期間 :(1)WEBサイト:2018年4月13日(金)10:00~7月31日(火)17:00
(2)郵送:2018年4月13日(金)~7月31日(火) 当日消印有効

応募条件:2017年8月1日(火)~2018年7月31日(火)の間に、多摩市内の橋を含めた風景を撮影した未発表のカラー写真
【撮影構図】タテヨコ問わず
【デジタルデータ規格】1,000万画素(10メガピクセル)以上または3,648×2,736ピクセル以上、20MB以内
【応募プリントサイズ】A4サイズ、六つ切、六つ切ワイド

応募規定と詳細はこちらの応募フォームをご覧ください。

あわせて読みたい

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です