【追記あり】マグレブビル2階に新感覚ARスポーツ「HADO」が多摩エリア初上陸

新感覚ARスポーツ「HADO」が多摩エリア初上陸

2018年7月15日(日)に閉店(マグレブWESTに移転)した多摩センター駅前のマグレブビル2階にあるゲームセンター「ザ・サードプラネット×マグレブ 多摩センター店」のフロア跡地に話題の新感覚ARスポーツ「HADO」が多摩エリア初上陸しました。

SPONSORED LINK

HADOとは?

HADOアームセンサー

HADOは頭にヘッドマウントディスプレイと腕にアームセンサーを装着し、フィールド内を自由に動き回って80秒間に相手プレイヤーのライフを打ち抜き得点を競う最大3人対3人のARスポーツ。

首都圏エリアでは新宿、渋谷、横浜、関内に次ぐ、5番目のスポットで多摩地域では初上陸となるそうです。

HADOのプレイ方法はこちら!(クリックで拡大します。)

アームセンサーを装着した腕をあげるとエナジーゲージが溜まり、手を前にパンチすると、エナジーボールが発射。ヘッドマウントディスプレイで観ているターゲットで相手プレイヤーのライフを打ち抜きます。

また腕を下げてシールドゲージをチャージ後、勢いよく腕を挙げるとシールドが発動。80秒間に3枚のシールドを張って攻撃を防ぐことが出来ます。

新感覚ARスポーツ「HADO」が多摩エリア初上陸

早速、デモンストレーションを見学しました。インストラクターのお姉さん(1名)VS「HADO」初心者のスタッフ(2名)の対決です。

新感覚ARスポーツ「HADO」が多摩エリア初上陸

飛んでくるエナジーボールをしゃがんで避けたりとフィールドを自由に使うインストラクターのお姉さん。

モニターでは、実際にプレイヤーが飛ばしているエナジーボールや、シールド、得点など、戦況をリアルタイムで観ることが出来ます。

「HADO」初心者のスタッフさんもシールドで防御しながら応戦します。

試合は5対3でインストラクターのお姉さんの勝利!

フットワークに加え、チーム戦ではチームごとに戦略が全く違うので、楽しみ方は無限大ですね。

さらに「HADO」のアプリと連携することで、これまでの試合結果のデータなどが記録できるそうです。

ツイッターキャンペーンも

HADOの公式Twitterアカウント( @hado_info )をフォローしてハッシュタグ( #HADO )をつけて写真をシェアすると「お菓子のつかみ取り」や「ドリンクサービス」などの特典が受けられるそうです。

さらに抽選で5名に「HADO公式Tシャツ」のプレゼントもあるそうですよ!(※詳しくはスタッフにお尋ねください)

追記 営業スケジュールなどに変更がありました。

開催期間:2018年8月15日(水)〜9月30日(日)
開催場所:マグレブビル2F
営業日:火曜、木曜、金曜、土曜、日曜
休業日:月曜、水曜
営業時間:14時~21時(平日) 12時~18時(土日祝日)
プレイ料金:2PLAY 1,000円 1時間やり放題1500円
HADO公式サイト:http://meleap.com/

あわせて読みたい

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA