多摩市のコッペパン専門店「apricot(アプリコット)」で人気のあんバターとジャムカスタードを食べてみた

アプリコット外観

多摩ポンのお店訪問シリーズ。今回は恵泉女学園大学正門からすぐのところにお店を構える多摩市のコッペパン専門店「apricot(アプリコット)」さんを訪れました。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

apricot(アプリコット)のコッペパンメニュー

「apricot(アプリコット)」さんのコッペパンメニューはこちら!(タップで拡大します)

ジャムやピーナッツなどの甘こっぺは17種類、人気のたまごサラダ、自家製コロッケ、ハムかつなどの旨こっぺは8種類。コッペパン

単品は100円、アイスなどのトッピングもできますよ!

アプリコットメニュー

季節によって限定商品があるそうです。この冬は照り焼きチキン、キャラメルナッツ、ペッパーチキンはすでに売り切れでした。

イートインスペースがある

アプリコットイートインスペース

お店にはイートインスペースが6席あるんですね。コッペパンを購入してこちらで食べることも可能です。

アプリコットフリーコーヒー

コッペパンを購入すればこちらのフリーコーヒーもいただけます。

SPONSORED LINK

あんバターとジャムカスタードを買ってみた

アプリコットのコッペパン

今回は甘こっぺの「あんバター(190円税込)」と「ジャムカスタード(190円税込)」を購入してみました。注文を受けてから調理するので作っているところも見られます。

アプリコットのあんバター

「あんバター」はコッペパンにあんことバターがたっぷり。甘さ控えめなので、思いの外さっぱり食べられます。

ジャムカスタード

「ジャムカスタード」もたっぷりのジャムとカスタードが入ってますが、そこまで甘すぎず重すぎないのがいいですね。

お店では粉からパンを仕込み、平日は毎朝300個ものコッペパンを焼くという「apricot(アプリコット)」さん。恵泉女学園大の学生さんはもちろん、地元の住民の方にも人気のコッペパン専門店でした。

apricot(アプリコット)

所在地:多摩市南野2-3-9
TEL:042-374-6878
営業日:不定休(HP参照)
営業時間:7:30〜17:30(パンがなくなり次第終了)
アクセス:多摩センター駅バスターミナル8番乗り場より約10分「恵泉女学園大学入口」下車。徒歩5分。
公式サイト:http://apricotcoppe.com/

あわせて読みたい

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

アプリコットのあんバター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA