小田急多摩線・京王全線・井の頭線が変電所火災による停電で一時運転見合わせ→全線で運転再開

多摩ポン交通情報

2019年7月19日(金)早朝、京王線と井の頭線の全線、小田急多摩線が変電所火災による停電のため、運転を見合わせていましたが、現在は運転再開しています。

SPONSORED LINK
bukkenteianrobo-banner

変電所火災による停電で運転見合わせ→小田急多摩線・京王全線・井の頭線で運転再開

消防によりますと19日午前5時前、東京・多摩市にある線路の高架下の変電所から出火しているという通報があり、消防が調べたところ、変電所の地下ケーブルが燃え、煙が出ているということです。
この変電所の近くには京王線と小田急線の線路が隣接して走っているということです。

京王線・小田急線の運転状況

鉄道施設火災の為、相模原線は若葉台~橋本駅間の上下線で運転を見合せています。
現在、若葉台~橋本駅間運転再開に向けて復旧作業を進めておりますが、長時間かかる見込みです。
引き続き振替輸送をご利用下さい。
なお、京王ライナー(下り)1~9・31~39号は本日運休いたします。

【状況】
4時49分に、多摩線内で停電があったため、新百合ヶ丘駅~唐木田駅間は運転を見合わせていましたが、10時00分頃に運転を再開いたしました。小田急線はダイヤが乱れています。なお、多摩線は列車の本数を減らして運転しています。他社線への振替輸送を実施しています。列車の運休または運転区間を変更する場合があります。
ご利用のお客さまにはご迷惑をおかけいたします。

振替輸送も実施されています。最新情報は鉄道会社各社のHPをご確認ください。

(最終更新 7/19 16:55)

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

多摩ポン交通情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA