台風19号の影響でラグビーW杯2試合が中止に。パブリックビューイング会場も中止へ

今年最大級の台風19号の影響で、ラグビーワールドカップ2019組織委員会は、10月12日(土)に開催される予定だった「ニュージーランド対イタリア(豊田スタジアム)」と「イングランド対フランス(横浜国際総合競技場)」の中止を発表。

それに伴い、同イベントのパブリックビューイング会場である調布会場は、10月11日(金)と12日(土)の開催中止を発表。府中会場は10月12日(土)と13日(日)の開催中止を発表しました。

SPONSORED LINK
bukkenteianrobo-banner

12日(土)の2試合中止。13日(日)の日本対スコットランド戦は当日判断へ

10月12日(土)に開催予定だった3試合のうち「ニュージーランド対イタリア(豊田スタジアム)」と「イングランド対フランス(横浜国際総合競技場)」の中止が発表されました。(アイルランド対サモア(福岡)は開催予定)

13日(日)に行われる4試合(ナミビア対カナダ、アメリカ対トンガ、ウェールズ対ウルグアイ、日本対スコットランド)についても台風通過の安全を調査して試合開始の6時間前までに試合中止の可否をするとしています。

SPONSORED LINK

パブリックビューイング会場も中止に

中止の判断に伴い、調布駅前広場のパブリックビューイング会場「ファンゾーン in 東京」も10月11日(金)と12日(土)の中止が発表されました。13日(日)についても中止を検討していて前日の22時に発表するとのことです。

追記:調布会場では調布市グリーンホールのみで開催するもようです!

府中駅前の「パブリックビューイング in 府中」も10月12日(土)と13日(日)の中止が発表されました。

ラグビーワールドカップの試合中止は史上初とのことで、大変残念ですが、試合を観戦予定の方の安全を考慮するとやむを得ません。台風19号は、強い勢力のまま東海〜関東に上陸する可能性が高いとのことで最大級の警戒が必要になりそうです。

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA