【小田急線ダイヤ改正2020】一部の多摩線「急行」が多摩線内のみ各駅停車に

小田急線が2020年3月14日(土)(平日は3月16日(月))からにダイヤ改正を行うことを発表しました。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

新百合ヶ丘駅での多摩線ホーム(3線運行)の開始時刻を前倒し

下り列車が集中する新百合ヶ丘駅で小田原線の運行に多摩線ホームを活用する運用(3線運行)の開始時刻が特急ロマンスカーは40分、江ノ島線 快速急行、急行は20分程度前倒しになります。

3番ホームに到着すれば、同じホームから唐木田行きの各駅停車が発車するので、乗換が便利ですね。

SPONSORED LINK

一部の多摩線直通「急行」が多摩線内のみ各駅停車に種別変更

新宿22:43発急行唐木田行き以降の多摩線直通急行を、新百合ヶ丘から各駅停車唐木田行きに種別変更

新宿22:43発急行唐木田行き以降の多摩線直通急行は、新百合ヶ丘から各駅停車唐木田行きに種別変更します。

新百合ヶ丘を13:00~16:08に発着する新宿⇔唐木田間の急行も新百合ヶ丘で種別変更し、多摩線内を各駅停車で運転します。ですので、この時間帯に多摩線の各駅停車駅を利用している方は利便性が向上。逆に急行停車駅を利用している方は、これまでより少し時間がかかることになりそうです。

さらに、土休日の特急ロマンスカーが1本増えるほか、平日、新宿駅へ7:55~8:35に到着する各駅停車は、全て10両編成となり、朝方ラッシュ時間帯の輸送力増強が図られます。

あわせて読みたい

 

 

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA