多摩市立小・中学校が5/6(水)まで休校延長。入学式は規模を縮小して実施されます

多摩市教育委員会は、2020年4月6日(月)から5月6日(水)まで、多摩市立小・中学校の休校を延長することを発表しました。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

入学式は規模を縮小して実施

これは、東京都内の新型コロナウイルス感染状況が増加傾向となり、感染者の爆発的な増加が発生しかねない「重大局面」を受け、児童・生徒の健康と安全を第一に考えた延長となるそうです。

それによると、入学式は4月6日(月)に小学校4月7日(火)に中学校の入学式が規模を縮小して実施(式は45分以内。参列者は新入生、新入生の保護者、教職員)されるほか、休校期間中は週に1回程度「登校日」(約2時間)が設定され、学級編成の発表や教科書等の配付、課題の提示や連絡等を行われます。

また、小学校では学校施設の一部を開放し、低学年児童の受入れを行うそうです。

学校再開は、2020年5月7日(木)からを予定しています。

詳細は多摩市の公式ホームページをご覧ください。

あわせて読みたい

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA