餃子の雪松 多摩センター店がオープン。24時間営業の無人直売所でおいしい冷凍生餃子をテイクアウトしてきた

餃子の雪松

多摩市落合3丁目に、持ち帰り専門の「餃子の雪松 多摩センター店」さんが2020年4月4日にオープンしました。今回はこちらの24時間営業の無人直売所で冷凍生餃子をテイクアウトしてきました。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

冷凍生餃子の無人直売所

餃子の雪松 多摩センター店 外観

こちらの「餃子の雪松」は、群馬県水上の温泉街で1940年(昭和15年)から80年に渡って三代続くお食事処「雪松」の秘伝の味を継承した持ち帰り専門で、東京、埼玉を中心に24店舗で展開しています。

お店の場所は、多摩中央公園の裏手を走る青木葉通り沿い「西海製麺所 多摩センター店」さんや、最近復活した「グラン・クリュ」さんの並びにありました。

餃子の雪松 多摩センター店 内観

早速店内に入ってみると、目の前には大きな冷凍庫が!その中に冷凍の餃子がたくさん入ってました。

冷凍餃子は1袋1,000円税込(18個入りx2パック)とわかりやすい料金設定ですね。

餃子の雪松 多摩センター店 アルコール消毒

まずは、入口付近にあるアルコールでしっかり手指消毒してと、

SPONSORED LINK

餃子の買い方

餃子の雪松 餃子の買い方

店内はほんとに無人で(時間帯によってはスタッフさんがいるそう)、何をどうしたらいいのかちょっと戸惑いましたが、店内に餃子の買い方が表示されてました。基本的には自分で商品をピックアップして、料金を料金箱に入れるだけです。(料金箱?)

餃子の雪松 餃子の買い方 モニター

同じ内容が店内の動画でも見られます。

餃子の雪松 多摩センター店 保冷剤

保冷剤は1袋につき、2個まで無料でとることが出来ます。これは嬉しい。

餃子の雪松 多摩センター店 雪松特製ダレ

隣の冷蔵庫には「雪松特製ダレ(1個100円税込)」が販売してました。

餃子の雪松 多摩センター店 保冷バック

持ち帰りに20分以上かかる方は保冷パックの利用をおすすめしているそうです。こちらも1袋100円税込。

料金は料金箱へ!

餃子の雪松 多摩センター店 料金箱

そして、料金はこちらのお賽銭箱のような料金箱へ入れます。もちろん現金のみでおつりも出ませんので、ジャストの料金を入れましょう。今回は餃子1袋と特製ダレを購入したので1100円を料金箱にチャリンしました。

餃子の雪松を作ってみた

餃子の雪松を作ってみた

ということで、さっそく1袋(36個入り)を購入してきたので、この日の夜に作ってみました。

餃子の雪松を作ってみた

今回は1パック(18個)だけ焼いてみます。

餃子の雪松 おいしい焼き餃子の作り方

店内と餃子を包んでいる紙に「おいしい餃子の焼き方」が記載してるので、それをもとに作ってみましょう。油と熱湯(100cc)を入れて、冷凍のままフライパンで焼いていきますよ。

焼き餃子の出来上がり

5〜6分ほど蒸し焼きにして、お皿に返すと焼き餃子の出来上がり!しっかり焦げ目がついて、これは美味しそう!

雪松餃子にかぶりつくカモゴロー

餃子にかぶりつくカモゴロー

外側はパリっと中はモチっとした皮の中には、キャベツやニラなどが入った野菜たっぷりのヘルシーな餃子。18個入りでしたがペロッと完食。少し甘めの「雪松特製ダレ」との相性もばっちりでした。

賞味期限は1ヶ月以上もあるので、もう1パックはまた後日食べたいと思います。ごちそうさまでした!

餃子の雪松 多摩センター店 のテイクアウト情報

所在地:東京都多摩市落合3-11-2
営業時間:24時間営業
定休日:無休
公式サイト:https://www.yukimatsugyoza.com/

あわせて読みたい

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA