ネコサポステーションが「IoT電球」を活用した見守りサービスの実証実験を開始

多摩市内3ヶ所にあるくらしのネコの手サポート「ネコサポステーション」さんでは、世界初のIoT電球を使った 、 多摩市在住の独居高齢者を対象としたネコサポ会員向けの見守りサービスの実証実験を開始するそうです。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

月額980円の「見守りサービス あんしんハローライトプラン」

これはネコサポステーションを運営するヤマト運輸株式会社さんと、ハローライト株式会社さんによる取り組み。

仕組みとしては、宅内に設置した電球型の「HelloLight」が一定時間ON/OFFしない場合、この電球が自律的にネコサポ会員の指定した親族や知人、そしてヤマト運輸ネコサポステーションに異常検知のメールを発信。

異常検知のメールを受信した際に、親族や知人はネコサポ会員に確認をとり、その際に連絡が取れない場合は、同ステーションに連絡すると、ネコサポスタッフの方がネコサポ会員の自宅を訪問してくれるそうです。

「HelloLight」は電球型なので工事、電源、Wi-Fiも不要。普段の暮らしで使用しているトイレや廊下、階段などに取り付け可能です。

SPONSORED LINK

見守りサービス あんしんハローライトプラン」の月額は980円(外税)。ネコサポ会員(年会費、初期登録料等は無料)を対象に先着100名限定で先行予約を開始しています。

また、「見守りサービス あんしんハローライトプラン」を申し込むと、6月22日から始まるネコサポの有料プラン「ネコサポプラス会員」の特典がもれなく受けられるそうです。

ネコサポステーション

  • グリナード永山店(東京都多摩市永山1-4)
  • 貝取店(東京都多摩市貝取4-2-1-101)
  • 永山店(東京都多摩市永山4-2-3-105)

公式サイト:https://nekosapo.kuronekoyamato.co.jp/

あわせて読みたい

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA