京王電鉄のMaaS実験「TAMa-GO(タマゴー)」がスタート。お得なお買い物券や相乗り型輸送サービスも

京王電鉄は、東京多摩エリアで実施されるMaaSの実証実験「TAMa-GO(タマゴー)」を、2021年1月13日(水)から2月28日(日)まで実施します。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

専用のスマートフォンサイトで様々なサービスを提供

これは、東京都が公募した「令和2年度MaaS社会実装モデル構築に関する実証事業」 に採択されたMaaS(Mobility as a Service(サービスとしての移動))の実証実験。

「TAMa-GO(タマゴー)」専用のスマートフォンサイトを利用し「交通サービスの統合」、「ラストワンマイルの補完」、「生活利便性の向上」、「エリアの魅力発信」の4点から様々なサービスが提供されます。

SPONSORED LINK

1月13日(水)からは、京王線乗車券に京王聖蹟桜ヶ丘SCお買い物券や、京王高尾山温泉、極楽湯入館券などの施設利用券がお得に購入できるデジタルチケットが販売。1月26日(火)からは、聖蹟桜ヶ丘駅から特定エリアに向かうタクシーの相乗り型輸送サービスなども実施するそうです。

他にも、交通機関の最新の遅れを加味した「リアルタイム経路検索」を利用や、多摩エリアや高尾山エリアのお出かけスポット情報満載のデジタルマップにより「移動が便利になる・移動したくなるサービス」を提供や、京王バスの金額式IC定期券保有者向けのサブスクリプションサービスを提供します。

TAMa-GO(タマゴー)

実証実験期間:2021年1月13日(水)から2月28日(日)まで
スマートフォン専用サイトURL:https://tama-go.jp
※一部のサービスはスタート時期が異なります。
※今後の新型コロナウイルスの影響により、実証実験期間やサービス内容が変更する場合あり。

あわせて読みたい

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

\ この情報をシェアしよう! /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA