多摩モノレール全19駅にモバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」が順次設置

多摩モノレールの全19駅に、モバイルバッテリーシェアリングサービスの「ChargeSPOT(チャージスポット)」が2021年2月2日(火)から順次設置しています。

SPONSORED LINK
bukkenteianrobo-banner

全国展開しているモバイルバッテリーシェアリングサービス

「ChargeSPOT」は、2018年4月のローンチからわずか1年で日本全国47都道府県をはじめ、香港、タイ、台湾とエリアを拡大しているモバイルバッテリーシェアリングサービス。

利用方法は専用アプリをインストールし、アカウントを登録。近くのレンタルスポットを探して、QRコードをかざすだけでモバイルバッテリーがレンタル可能。移動後も最寄りのスポットで返却可能です。

LINE公式アカウント内からもサービスを利用することができるそうです。

多摩センター駅の「ChargeSPOT」
多摩センター駅の「ChargeSPOT」

多摩センター駅は、切符売り場前に「ChargeSPOT」が設置されました。朝の通勤時や、急にスマホの電源が低下した際には便利なサービスになりそうですね。

ChargeSPOT(チャージスポット)

設置日時:2021年2月2日(火)より順次設置
設置場所:上北台駅 · 桜街道駅 · 玉川上水駅 · 砂川七番駅 · 泉体育館駅 · 立飛駅 · 高松駅 · 立川北駅 · 立川南駅 · 柴崎体育館駅 · 甲州街道駅 · 万願寺駅 · 高幡不動駅 · 程久保駅 · 多摩動物公園駅 · 中央大学・明星大学駅 · 大塚・帝京大学駅 · 松が谷駅・多摩センター駅
利用料金:1時間未満150円、その後48時間未満300円、そのあと最大7日間(168時間)まで1日(24時間)150円で利用可能。
※レンタル開始後168時間を超えた場合、合計2,280円(利用料、違約金1,230円を含む)の支払い義務が発生。※全て税抜価格
公式サイト:https://www.chargespot.jp/

あわせて読みたい

京王ライナー

京王線・小田急線・多摩モノレールが緊急事態宣言に伴い1/20(水)から終電繰上げ

サンリオピューロランド

サンリオピューロランドが緊急事態宣言に伴い1月中の営業時間を変更。土日祝日も17時クローズに

追記あり:東京都、多摩エリアの宿泊施設を活用したサテライトオフィスを提供。1日1室500円でテレワーク可能

スポンサードリンク

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA