【中止】ベルブ永山で​映画『喜劇 愛妻物語』の上映会が5/1(土)開催。足立紳監督夫妻によるゲストトークも

©2020「喜劇 愛妻物語」製作委員会
©2020「喜劇 愛妻物語」製作委員会

多摩市のベルブ永山にて映画『喜劇 愛妻物語』(足立紳監督)の上映会が2021年5月1日(土)に開催されます。

追記:こちらのイベントは緊急事態宣言により中止が決定しました。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

足立紳監督・晃子夫妻によるゲストトークも

©2020「喜劇 愛妻物語」製作委員会
©2020「喜劇 愛妻物語」製作委員会

これはTAMA映画フォーラム実行委員会が毎年11月に開催する映画祭「TAMA CINEMA FORUM」とともに年数回、開催している特別上映会です。

上映作品の『喜劇 愛妻物語』は、稼ぎがほぼゼロで家に居場所もない夫の豪太(濱田岳さん)と、そんな夫に罵声を浴びせながら家事や子育てに奮闘する妻のチカ(水川あさみさん)の結婚して10年が経った夫婦が、愛僧渦巻く夫婦の姿をコミカルに描いた痛快コメディです。第32回東京国際映画祭で最優秀脚本賞を受賞する等、注目を集めました。

SPONSORED LINK

足立紳監督・晃子夫妻によるゲストトークも

『喜劇 愛妻物語』のモデルとなった足立紳監督夫妻が登場
左から、晃子さん、足立紳監督、水川あさみさん、濱田岳さん/第12回TAMA映画賞にて

同作品は、昨年の第30回映画祭TAMA CINEMA FORUMの中で実施された「第12回TAMA映画賞」にて、濱田岳さんが最優秀男優賞、水川あさみさんが最優秀女優賞をそれぞれ受賞。

授賞式には映画のモデルとなった足立紳監督・晃子さん夫妻が登壇し、軽快なトークを披露しました。

5月1日の特別上映会では、2回目の上映後に足立紳監督・晃子さん夫妻がゲストで登場。ゲストトークが行われる予定です。

【作品紹介】
売れない脚本家・豪太とその妻のチカ。2人が結婚10年目の絵に描いたような倦怠期の夫婦で、娘のアキと3人暮らし。チカはろくな稼ぎがない夫に冷たい。そんなある日、以前豪太が考えていた企画のひとつである「ものすごい速さでうどんを打つ女子高校生」の話を脚本にしないかという依頼がやってくる。豪太はこのチャンスをものにすべく、妻をなんとか説得し、アキと3人で香川県に取材旅行へと向かう。しかし、取材先のうどん女子高生に家にたどり着くと、既に「ものすごい速さでうどんを打つ女子高校生」を題材にした映画企画が決まっていた。旅に出て早々に目的を失ってしまった3人だが、4泊5日の旅は続く。果たして、綱渡りの夫婦関係はどうなるのだろうか…。
■『喜劇 愛妻物語』■ 公式サイト http://kigeki-aisai.jp
2019年製作/日本/カラー/ビスタサイズ/117 分
監督:足立紳
出演:濱田岳、水川あさみ、新津ちせ
大久保佳代子、坂田聡、宇野祥平、黒田大輔、冨手麻妙、河合優実
夏帆、ふせえり、光石研
※12歳未満の方は保護者の同伴が必要です。

『喜劇 愛妻物語』TAMA 映画フォーラム特別上映会【中止】

開催日時:2021年5月1日(土)4回上映(上映時間117分)+ゲストトーク1回(45分程度)
①10:00〜11:57/②13:00〜14:57 /ゲストトーク15:00〜15:45/③16:30〜18:27 /④19:00〜20:57
※トーク参加は上映②の鑑賞者を優先
会場:ベルブホール(多摩市立永山公民館/ベルブ永山5F)所在地:東京都多摩市永山1-5 京王永山駅・小田急永山駅から徒歩約2分
料金:1,200円 (TAMA映画フォーラム支援会員は当日800円) ※当日券は残席のある場合のみ販売します
購入:2021年4月4日(日)9:00より
取扱い:PassMarket及び多摩市立永山公民館窓口(祝日を除く9:00~17:00)で販売
PassMarket:https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02j2j50iuvj11.html
公式サイト:https://www.tamaeiga.org/special/kigeki-aisai/

あわせて読みたい

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

\ この情報をシェアしよう! /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA