【追記あり】小田急マルシェ多摩センター2階の仮囲いにかわいいアートが出現。今年11月末にリニューアルオープンへ

先月から改装のため、店舗の閉店や一時休業店が続いている、小田急多摩センター駅東口改札前の小田急マルシェ多摩センター2階の工事囲いにかわいいアートが描かれています。

※今回は多摩ポン読者の方から情報いただきました。ありがとうございます!

追記:その後、作品情報が掲載、小田急マルシェ多摩センター2階は2021年11月末にリニューアルオープンすることが発表されましたので追記します。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

ODAKYU MARCHE仮囲いアート展「friendship city ~アートで“つながる”想い~」

Art.1「付箋の街」開発好明さん

以前「パティスリー・ストラスブール+B(プラスビー)」さんがあったところの工事囲いには、ドット絵のようなクリスマスツリーにサンタクロース(?)が飾り付けしているような絵が描かれています。その左側には小田急線の車両と右側にはお店のような絵も。

追記:こちらの作品は観客参加型の美術作品を中心に活動しているアーティスト、開発好明さんの「付箋の街」という作品でした!

開発 好明さん プロフィール

多摩美術大学大学院美術研究科修了、多摩美術大学非常勤講師。観客参加型の美術作品を中心に、2002年にPS1 MOMA「Dia del Mar/By the Sea」(ニューヨーク)、2004年にヴェネチア・ビエンナーレ第9回国際建築展(イタリア)、2006年ニューナショナルギャラリーに「berlin-Tokyo/Tokyo-Berlin」(ベルリン)、2009年「越後妻有大地の芸術祭2009」、2016年 市原湖畔美術館にて個展「中2病展」などに参加発表している。2011年にデイリリーアートサーカスを企画し、東北を中心に150か所の避難所や小学校を訪問。

絵に近づいてみると「家族全員揃えてよかった。」「また遊びに来てください。」「イヤホン忘れているよ!」など、それぞれ誰宛に書かれたかはよく分からない謎のメッセージが多く書かれています。謎が謎を呼ぶ…。

追記:多摩センターのクリスマスツリーを中心に「繋がり」をテーマにメッセージが書かれた付箋で飾り付けされています。

Art.2「キラキラ輝くフジミマチ」yukaさん

また「日本うまいものめぐり」さんがあった工事囲いには綺麗な星空と、カラフルな山々の間に富士山の絵が描かれていました。

yukaさん プロフィール

幼い頃より絵や字を描くこと、体を動かすことが大好きで、学生時代はバレーボールに熱中。社会に出てからは様々な職を経験し、2020年、“どうせなら大好きな自然の中で暮らしたい!‘’と、8年間暮らした東京より長野県富士見町に移住する。
現在は様々なアート作品を制作しつつ、2021年4月に酵素玄米のお店をオープン。楽しいこと、挑戦が大好き。

追記:こちらは京都生まれのアーティスト、yukaさんの「キラキラ輝くフジミマチ」という作品。yukaさんは、昨年8月に多摩市の友好都市、富士見町に移住。この絵は富士見町から見える満天の星空と山々を描いたものだったんですね。

どちらも多摩センター駅前にちょっとしたフォトスポットになりそうなかわいいアートでした!

小田急マルシェ多摩センター

所在地:東京都多摩市落合1丁目11番地2号

あわせて読みたい

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

\ この情報をシェアしよう! /