八王子市にヤマダデンキとホームセンターがコラボした次世代型ショッピングスクエアが22年完成予定

ヤマダホールディングスとビバホームを運営するアークランドサカモト株式会社の次世代型新業態「総合生活提案型ショッピングスクエア

ヤマダデンキを運営する株式会社ヤマダホールディングスと、ホームセンタームサシ、ビバホームを運営するアークランドサカモト株式会社は、延床面積2万坪の次世代型新業態「総合生活提案型ショッピングスクエア」を2022年度から展開。

2022年に八王子市と愛知県一宮市に新業態店舗をオープンさせるなど、2022年~2024年の3年間で6店舗の出店を予定しています。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

総合生活提案型ショッピングスクエア

これは家電業界最大手のヤマダホールディングスと日本最大級のホームセンターを展開するアークランドによる、日本最大級の次世代型新業態で異業種間コラボ。

広々としたスペースに、業種を超えた専門店が集まり、プロフェッショナルな従業員が丁寧に対応。日々の暮らしをより豊かに彩るため、すべてを揃えたショッピングスクエアです。

店舗は、超大型の太陽光発電装置を設置し、地域の防災拠点として非常用自家発電装置・給水設備を備えて、サスティナブルな社会づくりに貢献するとしています。

新業態店のイメージ図にはヤマダデンキとアークランドのホームセンターの他にスーパーマーケット、SDGs対応型スマートハウス展示場、専門店街が並び、駐車場も広いです。

こうしたホームセンターと家電量販店の異業種がコラボレーションして商業施設を開発・運営するのは、日本初となるそうです。

SPONSORED LINK

八王子市鑓水に「(仮称)ビバモール八王子多摩美大前」が建設中

八王子市鑓水に「(仮称)ビバモール八王子多摩美大前」が建設中

なお、八王子市鑓水(やりみず)地区では「(仮称)ビバモール八王子多摩美大前」の新築工事が2021年9月からはじまっています(完了予定は2022年6月30日)。

今回の次世代異業種コラボ店舗に該当するかはまだ分かっていませんが、敷地面積は約7万㎡と広大なため、どのような店舗になるか楽しみですね!

(仮称)ビバモール八王子多摩美大前

所在地:東京都八王子市鑓水2-108-1

あわせて読みたい

スポンサードリンク

ココリア多摩センター

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

\ この情報をシェアしよう! /