小田急線、22年春から小児IC運賃を一律50円に。こども100円乗り放題デーイベントも

小田急電鉄株式会社は、小田急沿線における子育て応援ポリシー「こどもの笑顔は未来を変える。Odakyuパートナー宣言」を2021年11月8日に策定。

その一環として小児IC運賃を低廉化し、2022年春から小田急全線の小児運賃(IC利用時)を一律50円にすると発表しました。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

11月、12月には「小田急 こども100円乗り放題デー」を開催

このポリシーは、子育てに想いを持つ社員を中心に取りまとめたもので、小田急線を中心に子育てしやすい沿線にしていく同社の想いを発信するもの。

小児運賃(IC利用)を持続的に大人運賃の半額以下に一律低廉化するのは、全国の鉄道では初の取り組みとなるそうで、今後は通学定期乗車券、フリーパスなどの企画券についても、一部を除き小児運賃・料金の改定を予定しているそうです。

2022年春の小児IC運賃一律50円化を記念し、2021年11月27日(土)、28日(日)、12月4日(土)、5日(日)の4日間、お子さま向けに100円で小田急線を1日乗り放題にする企画券「期間限定1日全線フリー乗車券」の発売にあわせた、お子さまやご家族に向けた小田急グループ施設でのイベント「小田急 こども100円乗り放題デー」が開催されます。

イベントでは、開催駅全14駅(各日程7駅)のイベント場所にて駅員さんとの撮影会・フォトラリーや、スタンプラリーなど、電車での移動とともに1日を通じて楽しい時間が過ごせるイベントを開催するそうです。

11月27日(土)、28日(日)のイベント場所とコンテンツ

12月4日(土)、5日(日)のイベント場所とコンテンツ


SPONSORED LINK

この他、開館前のロマンスカーミュージアムを貸し切りで楽しめる特別ツアー「ダブル貸切で楽しむ!特急ロマンスカー&ロマンスカーミュージアム」も同時開催。

さらに同社は、今年5月に実施した「お子さまをお連れの方に安心してご利用いただける車両」の常設化に向けた検討をしているほか、駅へのベビーカーシェアリングサービスの本格導入を予定しています。

同社グループが主催する様々な親子向けコンテンツは、子育て応援ナビ「FunFanおだきゅう」にて一元化し発信。「こどもの笑顔を つくるパートナーとして「子育てしやすい沿線」を目指した取り組みを一層推進する」としています。

イベント「小田急 こども100円乗り放題デー」

実施日時:2021年11月27日(土)、28日(日)、12月4日(土)、5日(日)の4日間(10:00~16:00)
期間限定1日全線フリー乗車券
料金:おとな用2,000円、こども用100円
※ 「こども用」のみ、通常の「1日全線フリー乗車券」と異なる限定料金での発売
こども用対象:12才未満のお子さま(13才未満の小学生を含む)
販売期間:2021年10月27日(水)から12月5日(日)まで
※ 利用日の1ヶ月前より発売
※ イベントを実施する4日間分のみ発売
公式サイト:https://www.odakyu.jp/

あわせて読みたい

スポンサードリンク

ココリア多摩センター

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

\ この情報をシェアしよう! /