多摩美術大学美術館で「みつめる×かんがえる そうぞうのマテリアル」展が開催中

多摩市の多摩美術大学美術館では2022年4月2日(土)〜9月4日(日)まで、「みつめる×かんがえる そうぞうのマテリアル」展を開催しています!

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

「みつめる×かんがえる そうぞうのマテリアル」展

これは、紀元前の遺物から近現代の作家までの幅広い時代・世界各国の地域にわたるコレクションを通して、人の営みや精神との密接な関係から生まれた素材の持つ多様なイメージを探る多摩美術大学美術館のコレクション展です。

本展では多摩美術大学美術館コレクションから、4つのマテリアル「水・木・金・土」にまつわる作品を展示。

紀元前の遺物から近現代の作家までの幅広い時代・世界各国の地域にわたるコレクションを通して、人の営みや精神との密接な関係から生まれた素材の持つ多様なイメージを探るとしています。

開催期間中には、それぞれのマテリアルを担当する学芸員が展覧会の意図や作品について、わかりやすく説明する公式HPから事前申込制のギャラリートークを予定しています。(ギャラリートーク日時:『水・金』4月24日、『木・土』5月22日、『金・木』7月31日、『土・水』8月21日の各日曜日 15:00〜16:00(定員:先着20名・参加費:無料 ※ただし要入館料)

この他、多摩美術大学美術館の公式YouTubeチャンネル「いつでもどこでも TAUM」では、心理占星術研究家の鏡リュウジさんをゲストに鶴岡真弓 館長との対談をはじめ、展覧会に関連した動画の配信を予定しているそうです。

多摩美術大学美術館コレクション展 みつめる×かんがえる そうぞうのマテリアル

会期:2022年4月2日(土)〜9月4日(日)
会場:多摩美術大学美術館(所在地:東京都多摩市落合1-33-1)
交通:多摩センター駅 徒歩7分(京王相模原線・小田急多摩線・多摩モノレール)
開館時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:火曜日 ※ただし、5月3日(火・祝)は開館・5月6日(金)は休館
展示替え期間(休館):6月27日(月)〜 30日(木)
入館料:一般300円(20名以上の団体は200円) ※障がい者および付添者、学生以下は無料
出品点数:約200点
主催:多摩美術大学美術館
公式サイト:https://museum.tamabi.ac.jp

あわせて読みたい

テレビ朝日若葉台メディアセンター
SPONSORED LINK
ココリア多摩センター

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら
\ この情報をシェアしよう! /