聖蹟桜ヶ丘に「GYUTON」が国分寺から移転オープン!牛豚骨醤油特製ラーメンをいただきます


多摩ポンのお店訪問シリーズ。

今回は京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」から徒歩2分のところに2022年10月10日にオープンしたラーメン店「GYUTON」さんに行ってきました。

こちらは国分寺市で10年間営業されていたラーメン屋さん。9月に国分寺店を閉店して、多摩市聖蹟桜ヶ丘に移転されたお店です。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

GYUTONのメニュー

券売機で食券を購入
券売機で食券を購入

早速店内へ。お店に入ってすぐのところに食券販売機があるので、こちらで食券を購入します。

こちらでいただけるのは九州細麺を使った牛豚骨醤油特製ラーメンがメイン。その他、トッピングやライス、替玉などが購入できます。

お店はすでに人気で、連日待ち列ができているそうです。満席の場合は、食券を購入してから待ち列に加わりましょう。

九州細麺の茹で方は粉おとしからはりがね、バリカタなど6段階から選べる他、味(濃いめ・普通・多め)油(多め・普通・少なめ)、チャーシューも炙り豚ロースチャーシュー、または炙り豚バラチャーシューから選べます。

この日は開店前から並んだので、開店してほどなく着席。

席はカウンター席のみ7席。カウンターには調味料やセルフでつぶして入れるニンニクなどがありました。

お冷やと紅しょうが、自家製ラー油はこちらのコーナーからセルフでピックアップしましょう。

牛豚骨醤油 特製ラーメン

GYUTONの牛豚骨醤油 特製ラーメン

この日は「牛豚骨醤油 特製ラーメン(980円税込)」(麺はかため、味と油は普通、炙り豚バラチャーシュー)をいただきました!

トロリとした味玉に紫たまねぎ、ニンニクの芽スライスと大きな海苔が3枚ついてます。

10時間以上煮込むという牛豚骨のスープはくさみがなく、牛と豚の良いところが全て出し切った深みのある味わいです。

麺の茹で方は「かため」でいただきました。

九州細麺に牛豚骨スープがしっかりと絡んでおいしいラーメンです!

炙り豚バラチャーシューも大きくて、やわらかなチャーシューでした。

ちなみに替玉はカウンターから現金でも注文できます。残ったスープに入れる「ダイブめし(60円)」も気になる!

茹で餃子

この日はサブメニューの「茹で餃子(3個150円税込)」も注文。

もちもち食感の茹で餃子は、自家製ラー油と牛豚骨スープに潜らせていただきました!

冷凍餃子自販機は現在休止中
冷凍餃子自販機は現在休止中

なお、お店の入口横にはGYUTONさんが作る冷凍の「本場中華餃子」の自販機が設置してありますが、現在は販売を一時休止しているそうです。

お店はスープや麺が切れた場合、早めに閉店することもあるそう。訪れる際はお店の公式Twitterを確認してみてくださいね。

ごちそうさまでした!

GYUTON

所在地:東京都多摩市関戸2-40−10
営業時間:(月〜日)11:00〜15:00・18:00〜21:00
定休日:木曜定休

あわせて読みたい

聖蹟桜ヶ丘駅
SPONSORED LINK
ココリア多摩センター

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら
\ この情報をシェアしよう! /