倍賞千恵子さん「河合さんはすごい」『PLAN75』で受賞喜ぶ【第14回TAMA映画賞授賞式レポ③】


2022年11月26日に多摩市の「パルテノン多摩」大ホールで開催された「第14回TAMA映画賞授賞式」の模様をお伝えしています。

映画『PLAN75』で最優秀女優賞を受賞した倍賞千恵子さん、最優秀新進女優賞を受賞した河合優実さん、同作品でメガホンをとった早川千絵監督が登場しました。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

河合優実さん(最優秀新進女優賞)

河合優実さん ©多摩ポン
河合優実さん ©多摩ポン

「このような栄誉ある賞をいただけたこと、皆さんの顔を観ていろいろな方に観ていただけたのだなと幸せを噛み締めています。今年はたくさんの作品に出会えた年だったんですけど『PLAN75』で倍賞さんにいただいた言葉を思い出しています。私がオールアップする時に倍賞さんが『頑張っていれば、誰かが観てくれているからね』と言ってハグしてお別れしてくださって、映画祭で賞をいただくこということは目の前にあることを楽しんでまっすぐ取り組んだ結果、皆さんの思いがこういう賞という形で届くのかなと思います」と受賞コメント。

コールセンターでアルバイトしたことがあります(笑)と河合優美さん ©多摩ポン
河合優実さん ©多摩ポン

『PLAN75』では、利用者のサポートをするコールセンターのスタッフ役を演じた河合さんは、以前コールセンターでアルバイトしたことがあったそう。

今年7作品に出演するなど、引っ張りだこの1年となった河合さんは「たくさんの出会いに恵まれて、それぞれの作品に心と身体を尽くして、頑張っている俳優の皆さんとスタッフの皆さんが居るということをこの場で言っておきたいですし、それに巡り会えているという縁に感謝しています」と飛躍の年を振り返っていました。

倍賞千恵子さん(最優秀女優賞)

倍賞千恵子さん ©多摩ポン
倍賞千恵子さん ©多摩ポン

『PLAN75』に出演して最優秀女優賞を受賞したのは倍賞千恵子さん。

「(トロフィーが)大好きな黄色で結構重たいです(笑)。こんなにたくさんの前でこんな立派な賞をもらえて袖でドキドキしながら待っておりました。『PLAN75』という映画で素晴らしいスタッフの皆さんと一緒に『PLAN75』という山を登れたことを光栄に思っております。私よりもスタッフの皆さんが一番この賞を喜んでくれているんじゃないかと思ってます。これからも精進して参ります。今日はありがとうございました」と受賞コメント。

倍賞千恵子さん ©多摩ポン
倍賞千恵子さん ©多摩ポン

75歳以上が自らの生死を選択できる架空の制度<プラン75>を巡る同作で、主人公のミチを演じた倍賞さん。

「最初に読み始めた時はあまりにも衝撃的で途中で(読むのを)辞めまして、どうしようかなとしばらく台本をテーブルの上に置いて、1日経ってから頭から読み直して、監督さんにお会いしなきゃいけないと思ってお受けしました」と出演を受けた時の話を披露。

倍賞千恵子さん ©多摩ポン
倍賞千恵子さん ©多摩ポン

MCから役作りについて聞かれると「寒い時期の撮影だったので、風邪を引かないようにすることと、年を重ねて来ましたので転んで怪我をしないようにするということだけは、朝起きたときに肝に銘じて毎日撮影現場に通ってました。それが唯一の役作りかなと思ってます」と自らの経験を活かした役作り方法を話していました。

倍賞千恵子さんと早川千絵監督 ©多摩ポン
倍賞千恵子さんと早川千絵監督 ©多摩ポン

その後、同作を監督した早川千絵監督が登場しクロストークに。

ラストの夕焼けの中で佇むミチのシーンについて早川監督は「夕日を撮らなくてはならないのにまさかの曇りでして、ラストシーンが撮れるんだろうかとドキドキしながら撮影現場に向かっていく途中で雲の切れ間から夕日が見えてきて、本当に素晴らしい光景だったんですけど、その中でひとり佇んで歌を唄っているところを長回しで撮っていましたが、あの光景は忘れられなくて、映画の奇跡の瞬間に立ち会っているなとその場にいたスタッフ全員が思っていたと思います。私もあのシーンが好きでした」と印象的なシーンを振り返りました。

河合優美さん、倍賞千恵子さん、早川千絵監督 ©多摩ポン
河合優実さん、倍賞千恵子さん、早川千絵監督 ©多摩ポン

さらに河合優実さんが入って3人でのクロストークに。

河合さんは「倍賞さんとご一緒出来たことが大きな経験として残ってます。現場で倍賞さんという人に感動して、声を聞いて、エネルギーをもらいながらやらせてもらいました。完成を観てもスクリーンの中にいる倍賞さんは、こんなに素晴らしい役者さんを見ることは稀だなと思うくらい素晴らしかったです。大好きです倍賞さん」と、愛のあるコメント。

河合さんについて倍賞さんは「テストをやるたびに監督が言われたことを着実にひとつひとつセリフの中に生かしていく、それが河合さんすごかったんです。本番の頃には私の心の中にどーんと入ってきて、監督の演出もすごかったですし、河合さんの表現の仕方もすごかったですし、画面を観てもあのシーンはつくづく素晴らしいシーンだと思ってます」と絶賛すると河合さんは「ありがとうございます」と照れた表情で応えていました。

第14回TAMA映画賞受賞作品・受賞者はこちら!

【最優秀作品賞】

  • 『LOVE LIFE』 深田晃司監督、及びスタッフ・キャスト一同
  • 『ハケンアニメ!』吉野耕平監督、及びスタッフ・キャスト一同

【特別賞】

  • 『メタモルフォーゼの縁側』
  • 『恋は光』

【最優秀男優賞】

  • 佐藤二朗 『さがす』『truth 姦しき弔いの果て』『バイオレンスアクション』
  • 松坂桃李 『流浪の月』

【最優秀女優賞】

  • 倍賞千恵子『PLAN 75』
  • 広瀬すず『流浪の月』

【最優秀新進監督賞】

  • 片山慎三 監督『さがす』
  • 森井勇佑 監督『こちらあみ子』

【最優秀新進男優賞】

  • 磯村勇斗『ビリーバーズ』『PLAN 75』『異動辞令は音楽隊!』『さかなのこ』『前科者』『彼女が好きなものは』ほか
  • 横浜流星『流浪の月』『アキラとあきら』『嘘喰い』『あなたの番です 劇場版』『DIVOC-12』

【最優秀新進女優賞】

  • 河合優実『PLAN 75』『愛なのに』『ちょっと思い出しただけ』『女子高生に殺されたい』『百花』『冬薔薇』ほか
  • 伊東蒼『さがす』『恋は光』『MIRRORLIAR FILMS Season4』

あわせて読みたい

SPONSORED LINK
ココリア多摩センター

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら
\ この情報をシェアしよう! /