ベルブ永山で​沢田研二さん主演『土を喰らう十二ヵ月』特別上映会が6/17(土)開催!監督トークも


©2022『土を喰らう十二ヵ月』製作委員会
©2022『土を喰らう十二ヵ月』製作委員会

多摩市のベルブ永山にて、沢田研二さん主演の映画『土を喰らう十二ヵ月』(中江裕司監督作品)特別上映会が2023年6月17日(土)に開催されます。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

沢田研二さん主演『土を喰らう十二ヵ月』

©2022『土を喰らう十二ヵ月』製作委員会
©2022『土を喰らう十二ヵ月』製作委員会

これはTAMA映画フォーラム実行委員会が毎年11月に開催する映画祭「TAMA CINEMA FORUM」とともに年数回、開催している特別上映会です。

若き日に禅寺で精進料理の修行をしたことがある小説家・水上勉さんのエッセイをもとに、長野の人里離れた山荘に住む小説家を描いた作品。四季折々の自然に囲まれた生活と料理から、現代人の暮らしと人生のあり方を考えさせてくれます。

主人公の小説家・ツトムをジュリーこと沢田研二さんが、担当編集者でツトムの恋人・真知子を松たか子さんが演じます。

今年3月に93歳で亡くなられた奈良岡朋子さんはツトムの義母として出演。この作品が最後の出演作品となりました。

中江裕司監督
中江裕司監督

1回目と2回目の上映後には、自然に寄り添い1年半に及ぶ撮影をされた中江裕司監督によるトークも行われます。

チケットは「パスマーケット」ほか、多摩市立永山公民館窓口などで販売中です。

【作品紹介】
長野の人里離れた山荘で一人暮らす作家のツトム(沢田)。山で採れた実やキノコ、畑で育てた野菜などを自分で料理して、四季の移り変わりを実感しながら執筆する日々を過ごしている。そんな彼のもとには時折、担当編集者で歳の離れた恋人・真知子(松)が東京から訪ねてくる。2 人にとって、旬の食材を料理して一緒に食べるのは格別な時間だ。こうして悠々自適の暮らしを送るツトムだったが、13 年前に他界した妻の遺骨をいまだに墓に納めることができずにいる……。
この物語には、自然の中から生まれたたくさんの料理が登場します。料理家の土井善晴氏が監修を務め、美味しそうな食べ物を、これでもかと並べて見せてくれます。囲炉裏であぶった子芋、栗の渋皮煮、自家製の味噌やぼた餅、梅干し、梅酢ジュースなどなど……なかでも見どころは、通夜振る舞いに用意される胡麻豆腐など精進料理の数々です。こうした料理も、作品を豊かにしてくれています。

『土を喰らう十二ヵ月』特別上映会

開催日時:2023年6月17日(土)
①10:30-12:21/トーク12:30-13:00/②13:30-15:21/トーク15:30-16:00/③16:30-18:21
※上映スケジュールは変更になる場合あり。
会場:ベルブホール(多摩市立永山公民館/ベルブ永山5F) 所在地:多摩市永山1-5
アクセス:京王永山駅・小田急永山駅から徒歩2分
料金:一般:前売1,000円 当日1,200円
※TAMA映画フォーラム支援会員、子ども(中学生以下)、障がい者と付添者1名:800円
『土を喰らう十二ヵ月』特別上映会-TAMA映画フォーラム実行委員会(公式サイト)

あわせて読みたい

SPONSORED LINK
ココリア多摩センター

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら
\ この情報をシェアしよう! /