【たまにわVol.15】公園散歩 第15回 くるまぼり公園

SPONSORED LINK

聖蹟桜ケ丘の静かな住宅街の中心に長閑で寛げる公園があります

聖蹟桜ケ丘西口を出て徒歩5分。川崎街道を超え、細い路地を入った静かな住宅街の中にぽつりとある公園です。

SPONSORED LINK
ネコサポ

入り口にある記念碑には『大栗川の岩堰から取水し東寺方坂下耕地に流れる用水路は、昔、この辺りにあった水車小屋にちなんで「くるまぼり」と呼ばれていました。』とあり、多摩川の支流である大栗川は今のようなゆるやかな川ではなく、複雑に入り組んでいる用水路となっていたようです。

『くるま』とは、水車のことらしく、このあたりは水が豊かでのどかな風景が広がっていたのでしょうか。そう考えると、なんとなく公園の周りの遊歩道が水路のように見えてくるので、想像をしながら歩くのも面白いかもしれませんね。

遊具もあり遊べます

この公園は芝生に小山時でできた遊具や滑り台などがあります。そして、軽い運動が出来る広場もあります。

樹木も多く、休憩する場所やトイレもあるので、子供達と一緒にお散歩しながら遊ぶのに最適かと思います。

聖蹟に買い物などで寄った際には是非立ち寄ってみてくださいね。

くるまぼり公園

多摩市東寺方1-16
アクセス:京王線『聖蹟桜ケ丘』駅より徒歩5分
駐車場:無し
設備:ベンチ、ブランコ、すべりだい、アスレチック、トイレ、水飲み場

おすすめの関連記事

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow us in feedly→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です