京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)がグランドオープン!周辺エリアの総称が「キッズパークたまどう」に

京王線多摩動物公園駅前に誕生したお子様向け全天候型遊戯施設「京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)」のグランドオープニングセレモニーが2018年3月13日(火)に開催されました。

SPONSORED LINK
京王電鉄株式会社 常務取締役 開発事業本部長 中岡一紀さん

京王電鉄株式会社 常務取締役 開発事業本部長 仲岡一紀さん

主催者代表として登壇した京王電鉄株式会社の仲岡一紀さんは「この施設は数年前から検討してやっと作らせていただきました。お子さんはじっとしているよりも体を動かして楽しく遊んでいただきたいと思い、なにか「日本一の施設」を作ろうということになりまして、ジャンボツリーやボールプールで皆さんが元気よく遊んでいただければありがたいと思っております。この施設だけでなく、向かいにある多摩動物公園、京王れーるランドと合わせてこの地域を「キッズパークたまどう」と命名いたしました。多くのお客様がおいでいただける施設にしていきたいと思っております」とあいさつしました。

東京都多摩動物公園 園長 永井清さん

東京都多摩動物公園 園長 永井清さん

来賓を代表して登壇した東京都多摩動物公園の園長、永井清さんは「多摩動物公園は今年で開園60周年になります。この記念すべき年に同じ地区で「京王あそびの森 HUGHUG」が開園するということで誠に喜ばしく思います。このエリアは「キッズパークたまどう」として多摩動物公園、京王あそびの森HUGHUG、京王れーるランドと、3つの施設が手を組んでこの地域を三位一体で、より一層活性化していきたいと思います。雨の日も風の日も今日のように晴れの日も天候に左右されず「たまどう」にはたくさんの楽しみがあるということで位置付けていただきたいと思います」と祝辞を述べました。

日野わかば保育園のみなさんによる合唱

日野わかば保育園のみなさんによる合唱

続いて、日野わかば保育園のみなさんからはお祝いの言葉と『線路は続くよどこまでも』の合唱が披露されました。

オープニングセレモニーのテープカットは京王あそびの森HUGHUG館長の高橋克典さん、東京都多摩動物公園園長の永井清さん、多摩都市モノレール株式会社の大内悟さん、京王れーるランド館長の猪野寛次さん、京王プラットガールの高尾かえでさん、近隣のご家族を代表して西牧さんご家族によって行われました。

公式キャラクター大集合

京王あそびの森HUGHUG公式キャラクター「ハグー」

京王あそびの森HUGHUG公式キャラクター「ハグー」

この日は京王あそびの森HUGHUG公式キャラクター「ハグー」をはじめ、多摩動物公園、京王グループ各社の公式キャラクターが大集合しました!

明星大学吹奏楽団のみなさん

明星大学吹奏楽団のみなさん

またイベントでは同施設の近くにある、明星大学吹奏楽団のみなさんによる演奏がセレモニーに花を添えていました。

いよいよ「京王あそびの森 HUGHUG」がグランドオープン!

平日の午前中ながら、多くの方が行列をつくるなど大変賑わっていました。

「京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)」は高さ約12m、直径約15mもの日本最大級のネット遊具「ハグハグのき」や全周約200mの屋内ミニSL「ハグハグトレイン」の他、入場料不要で利用できる「HUGHUG CAFE(ハグハグカフェ)」などがある全天候型のお子様向け大型遊戯施設です。

「京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)」の詳細は先日のレポート記事をご覧ください。

3施設とその周辺エリアの総称が「キッズパークたまどう」に


今回オープンした「京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)」「京王れーるランド」「多摩動物公園」の3施設を含む多摩動物公園エリアの総称が「キッズパークたまどう」に決まりました。親子で1日中遊べるエリアとして、今後の発展に期待したいですね!

あわせて読みたい

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です