稲城市小田良(こだら)地区に地域密着型SC「(仮称)稲城小田良ショッピングセンター計画」が着工

(仮称)稲城小田良ショッピングセンター計画

稲城市の小田良(こだら)地区 に「稲城市小田良(こだら)地区土地区画整理事業」として「(仮称)稲城小田良ショッピングセンター計画」の新築工事が2018年2月20日に着工しました。

工事完了は2019年3月を予定しています。

SPONSORED LINK

地域密着型ショッピングセンター

(仮称)稲城小田良ショッピングセンター計画 建物完成予想パース

(仮称)稲城小田良ショッピングセンター計画 建物完成予想パース

(仮称)稲城小田良ショッピングセンター計画」は野村不動産株式会社が特定業務代行者として計画推進中の「稲城市小田良(こだら)地区土地区画整理事業」におけるショッピングセンターです。

野村不動産はこれまで、都市型商業施設においては飲食特化型の「GEMSシリーズ」を展開していましたが、こちらは初の単独型「地域密着型ショッピングセンター」となります。

3階建ての施設内には食品スーパーやドラックストア、生活雑貨、衣料品店、レストランのほか、クリニックなどの生活利便施設が入るそうです。

(仮称)稲城小田良ショッピングセンター計画 建物完成予想パース

(仮称)稲城小田良ショッピングセンター計画 建物完成予想パース

(仮称)稲城小田良ショッピングセンター計画

計画予定地は京王相模原線「若葉台」駅から車でおよそ3分、小田急多摩線「黒川」駅から車でおよそ5分ほどのところ。稲城市立稲城第二中学校のお隣になりそうですね。

野村不動産は稲城市内においてプラウドシティ南山(総戸数412戸、2016年1月竣工)を分譲。現在はプラウドシーズン栗平、プラウドシーズン稲城南山の計画が進行している他、稲城小田良区画整理事業地内にも戸建開発分譲を計画しています。

(仮称)稲城小田良ショッピングセンター計画

計画地 東京都稲城市大字坂浜、小田良土地区画整理事業地内61街区1,2,3画地
地域地区 第二種住居地域
容積率 200%
敷地面積 約9,459.59㎡
延床面積 約16,385.36㎡
主要用途 店舗
階数 3階
施工者 株式会社福田組東京本店
工事着手 2018年2月
工事完了(予定) 2019年3月
画像引用 プレスリリース

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

(仮称)稲城小田良ショッピングセンター計画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です