【5/5開催】ベルブ永山で「女の子よカメラを持とう」を合言葉に4作品が上映 山戸結希監督によるトークショーも

タイニー・ファニチャー

タイニー・ファニチャー

2018年5月5日(土)に「女の子よカメラを持とう」を合言葉に次世代を担う若手女性監督レナ・ダナムの長編映画デビュー作品『タイニー・ファニチャー』と『溺れるナイフ』などで知られる山戸結希監督の監督デビュー作『あの娘が海辺で踊ってる』『おとぎ話みたい』など4作品の上映会「映画の中の私たち」がベルブ永山で開催されます。

これはTAMA映画フォーラム実行委員会が毎年11月に開催する映画祭「TAMA CINEMA FORUM」とともに年数回、開催している特別上映会です。

SPONSORED LINK

山戸結希監督とゲストによるトークショーも

山戸結希監督

山戸結希監督

上映会では『おとぎ話みたい』『あの娘が海辺で踊ってる』『Girls of Cinema』の3作品が上映され、各回終了後に同3作品のメガホンをとった山戸結希監督とゲストによるトークショーが開かれます。

山崎監督は上映会に際して以下のようにコメントしてます。(一部抜粋)

これから、この世界に、一人でも多くの「映画の女の子」が生まれて欲しいーー
未来の女の子が、それぞれの瞳で、星空を見上げるように、
スクリーンを通して目をあわすような体験を、数え切れぬほどに出来るように、
炸裂すべき合言葉は、「女の子よカメラを持とう」です!
私たちの映画を作り出しましょう。
そして、それらの映画を愛してみましょう。
未来の私たちの、運命を変える映画に出会いましょう。
この世界を生きる私たちがまるで、映画の中の私たちみたいだって想えるように。

前売りチケットは2018年4月7日(土)より、多摩市永山公民館などで一般発売されます。

TAMA 映画フォーラム特別上映会「映画の中の私たち」

開催日時:2018年5月5日(土) ※各回入れ替え制
<1回目>11:00-12:04『おとぎ話みたい』『Girls of Cinema』、12:20-13:59『タイニー・ファニチャー』、14:05-14:45 トーク
<2回目>16:00-16:58『あの娘が海辺で踊ってる』『Girls of Cinema』、17:15-18:54『タイニー・ファニチャー』、19:00-19:40 トーク
会場:ベルブホール(多摩市立永山公民館/ベルブ永山 5F)多摩市永山 1-5 京王永山駅・小田急永山駅から徒歩約 2 分
料金:前売・インターネット予約:1,500円(一般)
当日:1,800円(一般<中学生以上・シニア含む>)
※TAMA映画フォーラム支援会員、子ども(4歳〜小学生)、障がい者とその付添い者1名は当日1,200円
※インターネット予約は上映当日に前売価格にて精算・チケット受渡。受付は5月4日(金)まで。
前売:2018年4月7日(土)より一般発売
取扱い:多摩市永山公民館(祝日を除く9:00〜17:00)、多摩市役所売店(8:30〜17:00)、聖蹟桜ヶ丘ヴィータ7F「多摩ボランティア・市民
活動支援センター」、ココリア多摩センター5F「おしごとカフェ キャリア・マム」
[インターネット予約] 公式サイトをご覧ください http://www.tamaeiga.org

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

山戸結希監督

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA