映画『万引き家族』のワンシーンが多摩市で撮影された模様です。そのロケ場所は?

映画『万引き家族』のロケ地

第71回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した映画『万引き家族』のワンシーンが多摩市で撮影された模様です。そのロケ場所は?

SPONSORED LINK

バスに乗る祥太を懸命に追うシーン

↑公式サイトの予告編動画を観てみると、1分37秒を過ぎたところで、雪が残る歩道でリリー・フランキーさん演じる父親の治がバスに乗っている城桧吏さん演じる息子の祥太を走って懸命に追う姿が映しだされています。

雰囲気的には、かなり重要なシーンだったと思われます。

ロケ地は宝野公園と奈良原公園の間の多摩モノレール通り

映画『万引き家族』のロケ地

このシーンのロケ地は多摩市にある宝野公園と奈良原公園の間にある多摩モノレール通りの歩道で撮影された模様です。

宝野公園と奈良原公園を結ぶ2本の歩道橋が印象的ですね。

動画の右手にある根本がY字になった看板(なにが書かれているかは分からない)も場所特定の決め手となりました。

反対側の歩道には「富士見通り下」のバス停がある

動画ではバス停が確認出来ますが、実際に行ってみたところ、撮影された方の車線にはバス停はありませんでした。ただし多摩センター駅へ向かう反対側の車線には京王バスと神奈中バスが停車する「富士見通り下」のバス停があります。

撮影時期ですが、冬のパートは2017年12月から2018年1月にかけて行われたそうで、このシーンは雪が残っていることから今年1月の大雪後に撮影されたものと思われます。

カンヌで最高賞を受賞した映画のクライマックスシーンに多摩市の風景が映し出されるのは嬉しいですよね!

是枝裕和監督の最新作、映画『万引き家族』は現在ロードショー中です!

あわせて読みたい

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です