多摩市で東京2020自転車ロードレース事前イベント「たましい込めて応援しよう!プロジェクト」が開催

たましい込めて応援しよう!プロジェクト

多摩市では東京2020オリンピック大会の自転車競技ロードレースの開催に伴い、多摩市内のコミュニティセンターなど5ヶ所で「たましい込めて応援しよう!プロジェクト」が開催されます。

SPONSORED LINK
bukkenteianrobo-banner

元ロードレース選手によるトークショーも

これは東京2020オリンピック大会の自転車競技ロードレースの開催(2019年7月25日(土) 男子・7月26日(日) 女子)を前に、2019年7月21日(日)に開催される東京2020テストイベント「自転車競技(ロード)」を直前に控え、自転車競技のロードレースの魅力や本番の見どころを楽しく知ってもらうというイベント。

多摩市内のコミュニティセンターなど5ヶ所で、元ロードレース選手によるトークショーや、固定自転車による市内コース(尾根幹線)とツール・ド・フランスのコースのバーチャル走行シュミレーション体験、競技用自転車、選手ユニフォーム、パネル展示などが開催される予定です。参加料は無料です。

追記:参加レポートはこちら!

SPONSORED LINK

開催日と開催場所(開催時間)

2019年6月22日(土)

  • 和田・東寺方コミュニティセンター(大栗川・かるがも館)(11:00〜12:30)

  • 唐木田コミュニティセンター(からきだ菖蒲館)(15:00〜16:30)

2019年6月23日(日)

  • 聖ヶ丘コミュニティセンター(ひじり館)(10:00〜11:30)

  • 貝取コミュニティセンター(貝取こぶし館)(15:00〜16:30)

2019年7月13日(土)

  • パルテノン多摩 市民ギャラリー(10:00〜18:00)

あわせて読みたい

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

たましい込めて応援しよう!プロジェクト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA