【7/21開催】東京2020自転車ロードレーステストイベント情報まとめ

READY STEADY TOKYO特設サイトより

READY STEADY TOKYO特設サイトより

東京2020オリンピックの自転車ロードレーステストイベント「READY STEADY TOKYOー自転車競技(ロード)」がいよいよ2019年7月21日(日)に開催!今回は、多摩ポンでお伝えしてきたこれまでの情報をまとめました。

SPONSORED LINK
bukkenteianrobo-banner

コースについて

東京オリンピック2020公式サイトより

東京オリンピック2020公式サイトより

昨年発表された、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会から2020年に開催される東京オリンピックで行われる自転車のロードレース(男子・女子)のコースが発表されました。

スタート地点となる武蔵野の森公園(東京都調布市)から府中市、調布市、三鷹市、小金井市、稲城市、多摩市、八王子市、町田市を通り、神奈川県、山梨県を経てゴールの静岡県小山町・富士スピードウェイに向かう234kmのコースです。

今回のテストイベントは短縮版の179km(パレード区間除く)で行われます。

多摩市内のコースは都内最長の11.8km

中でも東京都多摩市は都内最長の11.8kmのコースになっていて、もちろん無料で観戦できます!

SPONSORED LINK
聖ヶ丘の馬引沢北通りを走る市街地

聖ヶ丘の馬引沢北通りを走る市街地コース。

パルテノン多摩前を走る多摩中央公園通り

パルテノン多摩前を走る多摩中央公園通りは、小田急・京王多摩センター駅から徒歩5分と好アクセスです。

ちなみに歩道橋・陸橋等など一部では観戦できないエリアもあるそうです。

当日は、各自治体が募集したコースサポーター(ボランティア)のみなさんが沿道で誘導してもらえそうです。

おすすめ観戦スポットは?

「みなさんがいつも見慣れた場所がオリンピック会場になるので、ぜひ観戦してほしい」

「みなさんがいつも見慣れた場所がオリンピック会場になるので、ぜひ観戦してほしい」と田代さん

多摩市内では、自転車競技の魅力に迫るトークイベントが開催。

アテネ五輪元日本代表(自転車ロードレース)の田代恭崇さんは、下り坂は一瞬で通り過ぎてしまうため、上り坂が見やすいとおすすめの観戦スポットを伝授しました。

テストイベントの参加国・参加選手は?

テストイベントに参加する参加国と参加選手が先日発表され、ヨーロッパからはフランス、ドイツ、イタリア、ドイツなど、全20チーム100名が参戦予定。

日本のナショナルチームの参加はないものの、コンチネンタルチームには元F1ドライバーの片山右京さんが手がける「チーム右京」をはじめ、40名の日本人選手も参戦する模様です。

当日は交通規制あり

テストイベントが行われる7月21日はコースと、コース周辺一部の道路にて、車両(自転車等含む)と歩行者の通行が禁止されるなど大規模な交通規制が行われます。コース周辺へは、電車などの公共の交通機関での移動をおすすめします。

さらに当日は、参議院議員選挙の投票日と重なるため、コース周辺の方は特に注意が必要です。

当日の天気は?

Yahoo!天気より

Yahoo!天気より

Yahoo!天気によると、テストイベント当日の多摩市の天気は曇り。レースが行われる昼12時頃は気温28℃、湿度68%と伝えています。沿道で観戦する際は、熱中症に十分気をつけましょう!

東京2020オリンピックでは初の決勝競技となる自転車競技(ロード)は、着順を争う個人戦ですが、各国はエースを決めて、その選手を勝たせるための駆け引きが行われるなど「チーム戦」の要素も大きいそうですよ。

テストイベント当日の模様や結果は、多摩ポンでお知らせしたいと思います!

追記:早速観てきました!速報レポート&結果はこちら!

READY STEADY TOKYO -自転車競技(ロード)

開催スケジュール:2019年7月21日(日)12:00~17:15 (フィニッシュ時間は未定)
開催場所:スタート:武蔵野の森公園(東京都)フィニッシュ:富士スピードウェイ(静岡県)
公式サイト:https://readysteady.tokyo2020.org/ja/news/detail/cycling-road-about/

あわせて読みたい

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA