(仮称)聖蹟桜ヶ丘プロジェクトA敷地は地上33階建て、多摩市で一番高いタワーマンションに

(仮称)聖蹟桜ヶ丘プロジェクトA敷地

京王線聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩5分のところに地上33階建てのタワーマンション「(仮称)聖蹟桜ヶ丘プロジェクトA敷地」が計画されています。場所は駅の北側、多摩川沿いになります。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

33階建て、520戸の大型タワーマンション

(仮称)聖蹟桜ヶ丘プロジェクトA敷地の大規模開発事業標識

大規模開発事業標識によると、開発事業者は東京建物、東栄住宅。設計は三井住友建設となり、建物は地上33階(地下1階)、高さは112.24mで520戸が入居する大型のタワーマンションとなります。

SPONSORED LINK

計画どおり完成すれば、多摩センターのベネッセコーポレーション東京ビル(高さ111.96m)をわずかに抜いて、多摩市で一番高いビルとなりそうです。

予定工期は2020年2月上旬〜2022年2月下旬ですが、現在は多摩市聖蹟桜ヶ丘北地区土地区画整理事業として、せいせき公園や堤防道路、区画道路などを先行で整備している模様です。

(仮称)聖蹟桜ヶ丘プロジェクトA敷地

開発事業地番 東京都多摩市関戸一丁目6番外
開発事業区域面積 約8,556㎡
主要用途 共同住宅
階数 地上33階、地下1階
高さ/戸数 112.24m/520戸
開発事業者 東京建物、東栄住宅
設計者 三井住友建設
予定工期 2020年2月上旬〜2022年2月下旬

あわせて読みたい

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

(仮称)聖蹟桜ヶ丘プロジェクトA敷地

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA