【ラグビーワールドカップ2019パブリックビューイング】調布駅前広場「ファンゾーン in 東京」をレポート

【ラグビーワールドカップ2019パブリックビューイング】調布駅前広場「ファンゾーン in 東京」

2019年9月20日(金)から11月2日(土)までのラグビーワールドカップ2019大会期間中、京王線調布駅前の広場では、パブリックビューイングなどの様々なイベントが開かれる「ファンゾーン in 東京」が開催。開幕試合となった9月20日の日本対ロシア戦を実際に見に行ってきましたのでレポートします!

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

調布駅前広場のファンゾーン入場口

【ラグビーワールドカップ2019パブリックビューイング】調布駅前広場「ファンゾーン in 東京」入場ゲート

こちらは調布駅広場前に設営された「ファンゾーン」の入場口です。入場自体は無料ですが、ゲートでは手荷物検査を実施しています。

屋外ステージ(パブリックビューイング会場)

【ラグビーワールドカップ2019パブリックビューイング】調布駅前広場「ファンゾーン in 東京」屋外ステージ

ファンゾーン内にはステージが設けられ、日中は元ラグビー日本代表選手やトップリーグの選手によるトークショーやお笑い芸人によるお笑いステージが行われています。

この日は日本対ロシアの開幕戦ということもあり、ステージエリアは入場制限がかけられて、一定数以上は入れないようになっていました。

屋内パブリックビューイング会場は整理券が必要

【ラグビーワールドカップ2019パブリックビューイング】調布駅前広場「ファンゾーン in 東京」整理券配布場所

また、調布市グリーンホールや調布市文化会館たづくりなどの屋内パブリックビューイング会場は事前入場整理券が必要です。配布場所は調布駅広場の大きな木の下です。各日の整理券の配布時間(配布枚数)はこちらをご覧ください。

SPONSORED LINK

【ラグビーワールドカップ2019パブリックビューイング】調布駅前広場「ファンゾーン in 東京」屋外ステージ

ステージ前の会場は超満員!日本代表がトライを決めると大きな歓声が上がりました!

ファンゾーン内の飲食エリア

ファンゾーン内の飲食エリア ファンゾーン内の飲食エリア

ファンゾーン内にはキッチンカーが並び、出場国にちなんだ料理を販売していました。

ファンゾーン内の飲食エリア(ハイネケン)

こちらは大会公式スポンサーのハイネケンのブース。多くの方がビールを片手に観戦していました。

ファンゾーン内のドコモ5G体験ブース

こちらはドコモの次世代通信「5G」を体験できるブース。マルチアングル視聴やVR視聴など「5G」を疑似体験できました。

ファンゾーン内のランドローバーのブース

ランドローバーのブースでは、ラグビーボールを投げ入れる体験が人気。

ファンゾーン内のオフィシャルグッズ販売ブース

オフィシャルグッズのブースでは日本代表の公式ジャージも販売していましたよ!

トリエ京王調布B館(ビックカメラ京王調布前)のパブリックビューイング会場

トリエ京王調布B館(ビックカメラ京王調布前)のパブリックビューイング会場

一番の賑わいを見せていたのがトリエ京王調布B館(ビックカメラ京王調布店)前のパブリックビューイング会場。建物をスクリーンにして、試合が映しだされていました。

トリエ京王調布B館(ビックカメラ京王調布前)のパブリックビューイング会場

着席エリアは超満員。バス停ロータリーの近くにもたくさんの方が試合を観戦していました。

初戦のロシア戦を30-10で快勝したラグビー日本代表。次戦でも勝利して決勝トーナメントに進出してほしいですね!

追記:決勝トーナメント準々決勝の南アフリカ戦も開催されます

【ラグビーワールドカップ2019日本vs南アフリカ戦】多摩エリアで行われるパブリックビューイング会場まとめ

ファンゾーン in 東京(調布駅前広場)

会場:東京都調布市小島町2-47-1他
アクセス:京王線「調布駅」より徒歩1分

会場:調布駅前広場


公式サイト:https://fanzonetokyo.jp/

あわせて読みたい

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA