日野市出身の井浦新さんが最優秀男優賞!『嵐電』での想い出を語る【第11回TAMA映画賞授賞式レポ③】

『嵐電』スタッフ・キャスト一同 第11回TAMA映画賞授賞式

中央大学 多摩キャンパス クレセントホールで開催された第11回TAMA映画賞授賞式の模様をお伝えしています。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

井浦新さん(最優秀男優賞)

井浦新さん(最優秀男優賞)第11回TAMA映画賞授賞式

『嵐電』『こはく』『赤い雪』『止められるか、俺たちを』『宮本から君へ』ほかで最優秀男優賞を受賞したのは、井浦新さん。

「生まれ育ったこの多摩、完全なる地元のTAMA映画賞で、この様な賞をいただけたことは大変光栄に思っています」と喜びの受賞挨拶。井浦さんは日野市出身、今回の授賞式の会場となった中央大を眺めながら高校に通ってたとのエピソードも話しました。

井浦新さん(最優秀男優賞)第11回TAMA映画賞授賞式

監督と共演者と手探りで、作品の世界の中に生きる役を探しながら演じたという井浦さん。『嵐電』の鈴木卓爾監督からは「僕もわからないからあなた達に演じてもらおうと思った」と言われたそうです。

「なんて素敵な演出をしてくれるんだと思いました。その言葉を聞いて救われましたし、わからないからやってみようって、表現においてはもっとも純粋な動機なんじゃないかと思います。現場で監督がその言葉を発した時は、芝居を続けながら答えがないものに対して向きあうしかないんですけど、監督も一緒にわからないからやってみようっていう言葉が心強かったです」とスタッフ・キャスト一丸になって作り上げた作品だったことを話しました。

SPONSORED LINK

『嵐電』(鈴木卓爾監督、及びスタッフ・キャスト一同)(最優秀作品賞)

『嵐電』(鈴木卓爾監督、及びスタッフ・キャスト一同)(最優秀作品賞)第11回TAMA映画賞授賞式

その『嵐電』が本年の最優秀作品賞を受賞し、鈴木卓爾監督とスタッフ・キャスト陣が登壇しました。

2016年に『ジョギング渡り鳥』でTAMA映画賞特別賞に続いての受賞となった鈴木監督は「TAMA映画祭、TAMA CINEMA FORUMは俳優の特集をやっていただいたことがあり、それから僕が作る映画を上映してもらったり、2016年には『ジョギング渡り鳥』で特別賞をいただきました。TAMA映画賞はスタッフとキャストを一同に表彰してくださいます。それはなかなか私一人では、受け取りきれない本当に重くて、濃いもので、映画を観てくださっているみなさんのいろんな気持ちが詰まっています。それをみんなでちゃんと一緒に受けとってもらいたくて京都から来ました」と喜びのコメント。

鈴木監督は「『嵐電』は、きっともう1回観たくなると思います。なぜならストーリーがよくわからないから」と笑いを誘いながらも「でも映画はグイグイきます」と同作品の不思議な魅力についても語りました。

第29回TAMA CINEMA FORUMは2019年11月23日(土)~12月1日(日)まで、東京都多摩市内の3会場で開催。12月1日(日)には、パルテノン多摩 小ホールにて『嵐電』の上映と鈴木卓爾監督、あがた森魚さんによるトークイベント「あふれる映画愛 井浦新 特集」が予定しています。

第11回TAMA映画賞受賞作品・受賞者はこちら!

最優秀作品賞

  • 『嵐電』(鈴木卓爾監督、及びスタッフ・キャスト一同)
  • 『長いお別れ』(中野量太監督、及びスタッフ・キャスト一同)

特別賞

  • 新海誠監督、及びスタッフ・キャスト一同 (『天気の子』)
  • 藤井道人監督、及びスタッフ・キャスト一同 (『新聞記者』)

最優秀男優賞

  • 山﨑努(『長いお別れ』)
  • 井浦新(『嵐電』『こはく』『赤い雪』『止められるか、俺たちを』『宮本から君へ』ほか)

最優秀女優賞

  • 蒼井優(『長いお別れ』『宮本から君へ』『斬、』『ある船頭の話』『海獣の子供』)
  • 前田敦子(『旅のおわり世界のはじまり』『葬式の名人』『町田くんの世界』ほか)

最優秀新進監督賞

  • 山戸結希監督(『ホットギミック ガールミーツボーイ』『21 世紀の女の子』)
  • 奥山大史監督(『僕はイエス様が嫌い』)

最優秀新進男優賞

  • 成田凌 (『愛がなんだ』『チワワちゃん』『さよならくちびる』『人間失格 太宰治と3 人の女』『翔んで埼玉』ほか)
  • 清水尋也(『ホットギミック ガールミーツボーイ』『パラレルワールド・ラブストーリー』『貞子』)

最優秀新進女優賞

  • 岸井ゆきの(『愛がなんだ』『ここは退屈迎えに来て』『ゲキ×シネ「髑髏城の七人」Season 風』)
  • シム・ウンギョン(『新聞記者』)

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA