【開催延期】よみうりランドプールWAIでサウナイベント「サガサウナ」が3月に開催決定。嬉野茶のテントサウナ→巨大水風呂でととのう

2020年3月6日(金)から3月8日(日)の3日間、稲城市のよみうりランドのプールWAIにて、サウナイベント「サガサウナ」(通称:「茶(チャ)ウナ」)が開催されます!

追記:新型コロナウイルスの感染拡大の状況を踏まえ、イベントは開催延期(時期未定)になりました。前売りチケットは全て払い戻しとなるそうです。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

佐賀県名産の「嬉野茶」と「サウナ」をかけ合わせた全身で嬉野茶を味わえるサウナイベント

これは2020年東京オリンピック・パラリンピックにおけるフィンランドのホストタウンとなった佐賀県が、情報発信プロジェクト「サガプライズ!」の一環として、日本初&最大のサウナ検索サイトで全国6,800件以上の施設情報を掲載している「サウナイキタイ」とコラボレーションしたイベント。

日本におけるお茶栽培の発祥地とも言われる佐賀県の名産である「嬉野茶」とフィンランド発祥の「サウナ」をかけ合わせ、全身で嬉野茶を味わえるサウナイベントです。

サガサウナの楽しみ方はこちら!

  1. サガサウナは嬉野茶のテイスティングから始まります。
  2. 4種の嬉野茶のテントサウナに入り身体をあたためます。
  3. プールを利用した巨大水風呂(水深0.9m)に入って身体を冷やします。
  4. 開放的な空間で外気浴をしながら嬉野茶を味わってください。

時間の許す限り何セットでも楽しめるそうですよ!

SPONSORED LINK

テントサウナでは嬉野茶をロウリュの香りとして味わうことができます。今回、数あるお茶の種類から、ロウリュで香りの違いが楽しめる嬉野茶4種(釜炒り茶・ほうじ茶・玄米茶・紅茶)が用意。

テントサウナ内には日本の磁器発祥の地として 400 年以上の歴史をもつ佐賀県の有田町で、耐熱性に
優れた”おにぎり型”の「有田焼サウナストーン」から発する蒸気がアツくします。

その他にも熱波師「マグ万平」さんによるやさしくて心地の良いアウフグース(各回抽選制)や、嬉野茶の茶葉で作った特製の茶葉ヴィヒタを使ったウィスキング集団「しらかばスポーツ」が、「しら茶葉スポーツ」としてウィスキングでおもてなし(各回抽選制)をするそうです。

サガサウナ(通称:「茶(チャ)ウナ」)概要

開催期間:2020年3月6日(金)〜2020年3月8日(日)開催延期(時期未定)
営業時間:2020年3月6日(金)10:00~17:00
2020年3月7日(土)10:00~19:00
2020年3月8日(日) 9:00~19:00
※各回2時間の入れ替え制です。
※各回入場時間内であれば途中参加できます。
会場:よみうりランド プールWAI(東京都稲城市矢野口 4015-1 よみうりランド内)
※入場は臨時入場口「オーロラゲート」から。
料金 : 前売りチケット:2,500 円(税込)
当日チケット :3,000 円(税込)
※チケットには嬉野茶試飲を含むサウナ体験、よみうりランド入園料、オリジナル手ぬぐいが含まれます。
※2020年2月下旬にフードメニューを公開。お得なフードチケットも販売予定。
※ウィスキング、アウフグース体験は各回抽選制となります。
公式サイト:https://sauna-ikitai.com/special/sagasauna/

あわせて読みたい

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA