稲城長沼駅前に装甲騎兵ボトムズ「スコープドッグ」の等身大モニュメントが完成!

稲城長沼駅前に装甲騎兵ボトムズ「スコープドッグ」等身大モニュメント

JR南武線「稲城長沼駅」南口からすぐの「いなぎペアパーク」内に、テレビ東京系ほかで1983年から1984年にかけて放送されたロボットアニメ『装甲騎兵ボトムズ』に登場した「スコープドッグ」の等身大モニュメントが完成したと聞いて早速行ってきました!

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

「いなぎペアパーク」に完成した「スコープドッグ」の等身大モニュメント

装甲騎兵ボトムズ「スコープドッグ」等身大モニュメント

こちらが『装甲騎兵ボトムズ』の中に登場したAT(アーマード・トルーパー)「ATM-09-ST スコープドッグ」の等身大モニュメント。

稲城市は数多くのアニメーションに登場するロボットをデザインした稲城市在住のメカニックデザイナー、大河原邦男さんの作品を稲城市内に設置する「メカニックデザイナー大河原邦男プロジェクト」を進めていて、今回完成した「スコープドッグ」も、その一環で作られたもの。モニュメントの高さは実物と同じ約3.8mもあり、迫力満点です!

装甲騎兵ボトムズ「スコープドッグ」等身大モニュメント

標準ズーム・精密照準・広角と3つのスコープが特徴的な頭部の「ターレットレンズ」もしっかり再現されています。

装甲騎兵ボトムズ「スコープドッグ」等身大モニュメント

右手には「ヘビィマシンガン」を装備。後ろ姿も凛々しくてかっこいい!

SPONSORED LINK

「いなぎ発信基地ペアテラス」にはガンダム、シャア専用ザクも

スコープドッグのモニュメントからすぐのところには2016年にオープンした「いなぎ発信基地ペアテラス」があり、その前には機動戦士ガンダムに登場する「RX-78-2 ガンダム」と「MS-06S シャア専用ザク」のモニュメントが見られます。

「ヤッターワン」と「ガンダム」のデザインマンホール蓋が展示

「ヤッターワン」と「ガンダム」のデザインマンホール蓋が展示

稲城市の観光案内所となっているこちらの施設では、昨年11月に市内の各所に設置された大河原邦男さんデザインのロボットのデザインマンホール蓋が展示されています。

「スコープドッグ」のデザインマンホール蓋

「スコープドッグ」のデザインマンホール蓋

ちなみに「スコープドッグ」のデザインマンホール蓋は、京王相模原線「若葉台」駅から歩いて約3分ほどの「テレビ朝日若葉台メディアセンター」近くの遊歩道にあります。

稲城市の新たな名物スポットとなる「スコープドッグ」の等身大モニュメント。すぐ近くには大河原邦男さんがデザインした「稲城なしのすけ」も見られます。ぜひ、見に行ってみてくださいね!

(C)サンライズ

装甲騎兵ボトムズ「スコープドッグ」の等身大モニュメント

所在地:いなぎペアパーク内(東京都稲城市550−1)
アクセス:JR南武線「稲城長沼駅」南口からすぐ

あわせて読みたい

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

装甲騎兵ボトムズ「スコープドッグ」等身大モニュメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA