多摩地域(府中・東久留米・国立)にTOKYOテレワーク・モデルオフィスが7/20(月)から設置。事前登録で無料利用可能

府中オフィス(イメージ)

府中オフィス(イメージ)

東京都はスムーズビズの一環として、自宅以外の場所でもテレワークを行うことができる環境の整備を進めるため、2020年7月20日(月)から民間のサテライトオフィスの設置が少ない多摩地域(府中・東久留米・国立)の3ヶ所に、モデル的にサテライトオフィスを設置します。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

事前登録・利用予約をすれば無料で利用可能

 

これは「令和2年度 テレワーク等普及推進事業」の一環として株式会社パソナが設置・運営するテレワークオフィス。

府中駅・東久留米駅・国立駅から徒歩数分の利便性の高い場所に設置され、都内在住または在勤で、企業等で働く方(個人事業主を含む)が、事前登録・利用予約をすれば、無料で利用することができるそうです。

各テレワークオフィスにはオープンワークスペースや会議室、防音ブース、Wi-Fiやコピー機等の設備を完備。有料でコピー機やロッカーも利用できるそうです。

TOKYOテレワーク・モデルオフィス

  • 府中オフィス(64席)府中市府中町1-14-1-1 朝日生命府中ビル1F(京王線府中駅 徒歩2分)
  • 東久留米オフィス(57席)東久留米市東本町1-15 ウィステリアMFビル 3F(西武池袋線東久留米駅 徒歩1分)
  • 国立オフィス(57席)国立市東1-15-12 国立東加賀屋ビル 2F(JR中央線国立駅 徒歩3分)

営業時間:月~金曜日 9:00〜19:00(国民の祝日、年末年始は除く)
利用料金:無料
事前登録(※6/19からアクセス可):https://tokyo-telework.jp/modeloffice/

あわせて読みたい

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください