横浜家系ラーメン「助格家 聖蹟桜ヶ丘店」が閉店し「鶏と家」というお店に変わるようです

横浜家系ラーメン「助格家 聖蹟桜ヶ丘店」が閉店し「鶏と家」というお店に変わる

京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」近くの横浜家系ラーメンの「助格家 聖蹟桜ヶ丘店」さんが2020年6月下旬に閉店。跡地は「横浜家系ラーメン 鶏と家(とりとや)」という新しいお店に変わるようです。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

横浜家系ラーメン 鶏と家(とりとや)に

横浜家系ラーメンの「助格家 聖蹟桜ヶ丘店」さんが閉店したとの話を聞きつけ、現地に行ってみたところ、お店の看板が「横浜家系ラーメン 鶏と家(とりとや)」に変わってました。

「助格家 聖蹟桜ヶ丘店」さんは、中太麺を濃厚な豚骨スープでいただく横浜家系ラーメン店でしたが、「横浜家系ラーメン 鶏と家(とりとや)」さんもその流れを受け継ぎ、横浜家系のラーメンをはじめ、スタミナ焼肉定食、唐揚げ定食、ぎょうざなどが楽しめるお店となりそうです。

オープン日は現時点で分かっていませんが、開店が楽しみですね。

横浜家系ラーメン 鶏と家

所在地:東京都多摩市関戸2-39-15

あわせて読みたい

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA