「KDDIバーチャルミュージアム」が公開!国際通信と携帯電話の歴史が分かる博物館をバーチャル見学できます

KDDI MUSEUM

今年6月にオープンを予定していた多摩市にあるKDDI株式会社の複合型研修宿泊施設「LINK FOREST(リンクフォレスト)」2階の「KDDI MUSEUM」が、バーチャルコンテンツ「KDDIバーチャルミュージアム」を2020年8月6日に公開しました。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

スマホやタブレット、VR機器などで見られる「KDDIバーチャルミュージアム」

KDDI MUSEUM全体

KDDI MUSEUM全体

「KDDI MUSEUM」は、1871年(明治4年)から約150年間の日本の国際通信の歴史を実物の機器や史料で解説するKDDIの歴史ミュージアムです。

バーチャルコンテンツ「KDDIバーチャルミュージアム」は、パソコンはもちろん、スマートフォン、タブレットから、まるで「KDDI MUSEUM」の中にいるような3Dビューと、専用のVR機器を使用すれば、VR映像で展示を観ることが出来ます。

SPONSORED LINK

モールス電信機 (実物) と海底線陸揚庫 (復元)/KDDIバーチャルミュージアム

モールス電信機 (実物) と海底線陸揚庫 (復元)

実際にアクセスしてみると「KDDI MUSEUM」の入口からはじまり、ひとつひとつの展示をじっくり見学できます。画像はかなりズームしても高画質なので、展示品の詳細までじっくり見ることが出来ました。さらに赤丸をタップすれば、展示品の説明文(日本語・英語)も読むことが出来ます。

歴代のau携帯電話・スマホが勢ぞろい!最先端の5G展示も

au Gallery/KDDIバーチャルミュージアム

au Gallery

さらに奥に進んだ、携帯電話の展示では初期のショルダーフォンや、IDO、DDIセルラーなど懐かしの携帯電話も展示。さらにauの歴代携帯電話やスマートフォンが一堂に展示された「au Gallery」が圧巻!昔使っていた懐かしの携帯電話に出会えるかも知れません。

最新の5G/IoT技術の体験もできるコーナーもあり、まさに国際通信150年の歴史とauの携帯電話の歴史がギュッと凝縮した博物館になっています。

なお、当初は2020年6月1日の開館を予定していた「KDDI MUSEUM」は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、現在開館を見合わせ。開館時期は、決定次第改めて案内するとしています。

5G体験コーナーはすごく面白そうなので、リアルの開館も楽しみですね!

画像提供:KDDI株式会社

追記:KDDIミュージアムとアートギャラリーが12月から事前予約制の一般公開がスタートします

KDDIミュージアムとアートギャラリーが12月から事前予約制の一般公開がスタートします

LINK FOREST

所在地:東京都多摩市鶴牧3丁目5番地3
駐車場:宿泊者のみ利用可能(最大40台)
公式サイト:https://link-forest.jp/

あわせて読みたい

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA