多摩市、あいおいニッセイ同和損保と持続可能な地域づくりで連携協定を締結。聖蹟桜ヶ丘駅前に研修施設が竣工しました

(左から)あいおいニッセイ同和損保株式会社 戸田成俊さん、阿部裕行 多摩市長

(左から)あいおいニッセイ同和損保株式会社 戸田成俊さん、阿部裕行 多摩市長

多摩市は、MS&ADインシュアランス グループの「あいおいニッセイ同和損保株式会社」と「持続可能な地域づくりに関する連携協定」を締結。

京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」前に今年竣工した同社の研修施設「あいおいニッセイ同和損保 聖蹟桜ヶ丘センター」にて、協定締結調印式が行われました。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

17階建ての「あいおいニッセイ同和損保 聖蹟桜ヶ丘センター」

あいおいニッセイ同和損保 聖蹟桜ヶ丘センター 外観

あいおいニッセイ同和損保 聖蹟桜ヶ丘センター

京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」からすぐ近くのところに竣工した「あいおいニッセイ同和損保 聖蹟桜ヶ丘センター」はオフィス、宿泊施設を兼ね備えた17階建ての研修施設(※一般の方は入場できません)。今後、1,000名ほどの方が勤務する予定です。

SPONSORED LINK

あいおいニッセイ同和損保のタッフィー&ハッピーと多摩市役所職員のにゃんともTAMA三郎

あいおいニッセイ同和損保のタッフィー&ハッピーと多摩市役所職員のにゃんともTAMA三郎

今年創業10周年を迎えた「あいおいニッセイ同和損保株式会社」は、2016年から「地方創生プロジェクト」を立ち上げ、これまで約300の地方自治体と連携協定を締結。

くらしの事故防止セミナーや、市職員向けのセミナー、パラスポーツイベントなど、地域課題の解決に向けた取り組みを約1000回実施しています。

今回、多摩市と締結した「持続可能な地域づくりに関する連携協定」では、高齢者と子育て世代を対象とした支援や、コミュニティ形成、産業振興・観光振興、くらしの安全・安心の確保と災害対策など、6つの項目で連携し、地域企業や地元大学などとともに、地域の持続的な発展に取り組むとしています。

あいおいニッセイ同和損保 聖蹟桜ヶ丘センター

所在地:東京都多摩市関戸1-7-2

あわせて読みたい

 

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA