明星大学でドキュメンタリー映画『ランナー 奇跡へのチケット』のZoomオンライン特別先行上映会が11/28(土)に開催

明星大学では、2020年11月28日(土)に「UNHCR WILL2LIVEパートナーズ」の上映作品『ランナー 奇跡へのチケット』の特別先行上映会がオンラインで開催されます。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

学生22名が字幕翻訳を担当

「UNHCR WILL2LIVEパートナーズ」は、国連UNHCR協会が主催し、映画を通して難民問題への理解とポジティブな共感を広げる「UNHCR WILL2LIVE Cinema」(旧・UNHCR難民映画祭)の取り組みに賛同する学校や企業が行う上映イベントの総称です。

本作品はスーダン出身の主人公グオル・マリアルが、難民としてアメリカへ移り住んだのちマラソンという競技に出会い、オリンピック出場権獲得を目指すドキュメンタリー作品。

その作品を明星大学 人文学部 国際コミュニケーション学科の講義「映像翻訳」に参加している学生22名が夏休みの約10日間を使って、字幕翻訳に取り組みました。

今回の上映会はWEB会議ツールの「Zoom」を用い、オンラインで開催。参加費は無料で、参加申し込み方法は後日、公式サイトSNSでお知らせするそうです。

SPONSORED LINK

【あらすじ】グオルは幼い頃に親元を離れ、難民としてアメリカに移り住む。そこでマラソンという競技に出会った彼は持っていた才能を開花させ、数々の記録を残していく。無国籍問題や、内戦によるスーダンの分裂など、さまざまな壁を乗り越えながらも母国からの期待を背負い、オリンピック出場権獲得を目指して彼は走り続ける。
脚本・編集:ビル・ギャラガー、エリック・ダニエル・メッツガー
配給:ユナイテッドピープル(2021年劇場公開予定)

明星大学 特別先行上映会 開催概要

開催日時:2020年11月28日(土)
上映時間:13時〜15時(予定)
開催方法:オンライン(Zoom)
参加費:無料
主催:明星大学 国際コミュニケーション学科「映像翻訳」
運営:明星大学映像翻訳フィールドワーク
後援:国連UNHCR協会
明星大学映像翻訳フィールドワークのFacebookページ:https://www.facebook.com/eizouhonyakufw/

あわせて読みたい

スポンサードリンク

多摩ポンをフォローする

follow→多摩ポンを購読する 

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA