高尾山の山頂が大晦日夕方〜元旦早朝まで閉鎖。薬王院までは行けます

東京都は、都が管理する高尾山山頂の大見晴園地を新型コロナウイルス感染症拡大を予防するため、大晦日の夕方17時から元日の早朝7時まで、閉鎖することを発表しました。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

薬王院までは行けますが、山頂は行けません

東京都公式HPより
東京都公式HPより

東京都の発表によると、閉鎖されるのは高尾山大見晴園地(山頂域・自然研究路5号路より上部/上記地図の赤いエリア)のみ。大晦日から元日にかけて、高尾山の山頂を閉鎖するのは初めてとのことです。

閉鎖期間中も薬王院までは行けますが、その先の山頂は立ち入ることは出来なくなるそうです。山頂は天気が良いと、富士山が見えることでも有名で、初日の出を観るため例年多くの方が集まりますが、今年は元旦の午前7時までは、立ち入ることが出来ないので注意してください。

高尾山の薬王院も、年末年始は初詣で多くの方が参拝します。今年はこんな時期でもあるので、分散して参拝するなど、気をつけながら、楽しいお正月を迎えたいですね。

年末年始における高尾山の山頂(大見晴園地)の閉鎖

閉鎖期間:2020年12月31日(木)17時00分から2021年1月1日(金)7時00分まで
閉鎖場所:明治の森高尾国定公園 高尾山大見晴園地(山頂域・自然研究路5号路より上部)
※閉鎖期間中、稲荷山コース、琵琶滝分岐から自然研究路6号路経由で山頂へ登ることは出来ません

あわせて読みたい

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

\ この情報をシェアしよう! /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA