小平市、東大和市で「PayPay」自治体応援プロジェクトが1月からスタート。最大30%が還元

東京都小平市と東大和市では、2020年1月から、QRコード決済アプリ「PayPay」を使った「あなたのまちを応援プロジェクト」がスタート。期間中、最大30%が還元されるお得なキャンペーンが実施されます。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

市内の対象店舗での利用で、PayPay残高最大30%が戻ってくる

これは「PayPay」と全国の地方自治体が共同で実施している「あなたのまちを応援プロジェクト」。

東京多摩エリアでは、2020年12月から立川市、町田市、日野市がこのプロジェクトに参画していますが、小平市が2021年1月1日(金)から1月31日(日)まで、東大和市は1月5日(火)から2月28日(日)まで加わります。

立川、町田、日野で「PayPay」自治体応援プロジェクトが12月からスタート。20%〜最大30%が還元

期間中、キャンペーン対象店舗の買い物時に「PayPay」で支払うと、支払い金額の30%がPayPayボーナスで付与されます。

SPONSORED LINK
自治体(キャンペーン名) 開催期間 還元率 1回付与上限 付与上限
小平市「PayPay(ペイペイ)で最大30%戻ってくるキャンペーン」 2021年1月1日~1月31日 30% 3,000円 10,000円/月
東大和市「がんばれ東大和!対象のお店で最大30パーセント戻ってくるキャンペーン」 2021年1月5日~2月28日 30% 3,000円 15,000円/月

東大和市は主に中小店舗が対象。小平市は中小店舗はじめ、スーパーマーケットやドラッグストア(処方箋取り扱い店舗を除く)、コンビニエンスストア、各種チェーン店なども対象となるそうです。

小平市は2020年10月、12月の「auPAYキャッシュレスキャンペーン」に続いてのキャッシュレスキャンペーン。東大和市も2020年9月、11月に続いて3回目となる「PayPay」のキャッシュレスキャンペーンとなるそうです。

キャンペーンは各自治体の在住者だけでなく、近隣の自治体にお住まいの方や、通勤・通学などで訪れる方も対象なので、お出かけの際に利用してみてはいかがでしょう!

あわせて読みたい

30%還元の多摩市 x au PAY「キャッシュレスでGO!GO!多摩」対象店舗まとめ

2021年東京多摩エリアの初売り・福袋情報まとめ

東京版「GoToイート」食事券が使える「地域別」対象加盟店舗まとめ

スポンサードリンク

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA