サンリオピューロランドのワンカットオンライン演劇がホワイトデーにリバイバル配信。舞台裏映像も公開

2021年2月にサンリオピューロランド閉館後に開催されたオンライン演劇「VIVA LA VALENTINE(ビバ ラ バレンタイン)」。

ホワイトデーとなる2021年3月14日(日)には、本篇を観劇しながら出演キャストやスタッフが制作秘話を語る副音声を聞くことができる『VIVA LA VALENTINEリバイバル公演  WhiteDay Special』が開催されます。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

5日間でのべ4000人を動員したワンカット生配信の舞台裏映像が公開

「VIVA LA VALENTINE(ビバ ラ バレンタイン)」は、「NO密で濃密なひとときを」をテーマに活動し、第26回AMDアワード年間コンテンツ賞「優秀賞」を受賞したオンライン劇団「劇団ノーミーツ(主催:広屋佑規・林健太郎・小御門優一郎)」とともに、ハローキティ、ディアダニエル、ポムポムプリン、シナモロール、クロミがサンリオピューロランド閉館後を舞台にワンカットで生配信した約50分間のオンライン演劇です。

5日間でのべ4000人を動員した同イベントの冒頭11分間の舞台裏ワンカット映像が先ごろ、サンリオピューロランド公式Youtubeチャンネルにて初公開されました。

全身にステディカムを装着した撮影カメラマンの田邊健太さんは、「限られた時間の中でワンカットに合わせた芝居、カメラワーク、ライティング、映像伝達など課題山積みでした。そして1番の課題が『誰の目になるか』でした」と話すように、全出演者のセリフや舞台のすべての段取りやタイミングが頭に入ってないと出来ないような、かなりタフな現場だったことを物語る動画になっています。

3月14日(日)に行われるリバイバル公演は、本編のアーカイブ映像の生配信を行い、リアルタイムでチャット等の機能を楽しみながら観客が同時視聴できる公演となるそうで、出演キャストや脚本演出を担当した岩崎裕介さんが制作秘話を語る副音声を聞くことができる他、フェアリーランドシアターからキャラクターとキャストが生出演で約1時間の打ち上げ配信を行うそうです。

©’76,’90,’96,’99,’01,’05,’09,’21 SANRIO APPROVAL No.P1203031

『VIVA LA VALENTINE リバイバル公演 WhiteDaySpecial』公演概要

公演日:2021年3月14日(日)
※開場:19:30/開演:20:00
※上演時間:本編映像 約50分、打ち上げ生配信 約60分
チケット種類:一般チケット ¥ 1,800
販売期間:2021年2月24日〜3月14日
チケット:オンライン劇場「ZA」(https://za.theater/)にて発売
公式サイト:https://www.puroland.jp/viva_la_valentine/

あわせて読みたい

スポンサードリンク

ココリア多摩センター

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

\ この情報をシェアしよう! /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA